ドア選びの6つのヒント:
バリアフリーを考える

一覧

TOP

ドアでそなえる今も将来も安心な家づくり

家族の介護が必要になったとき、家の中を車椅子で移動しなければならないとき、ちょっとした段差や通路が邪魔になることがあります。そんなもしものときに備えて、ドアを一枚変えるだけで解決できることがあります。

ドアでそなえる今も将来も安心な家づくり

車椅子も通れる開口幅の広い引戸がおすすめ

一般的な引戸の場合、歩いて通ることを想定した幅になっているため、車椅子での通行は難しいのが現状です。しかし、幅広上吊り引戸ならより広い有効開口幅が確保できるので、車椅子での行き来がスムーズにできるようになります。

一般引戸の場合と幅広上吊り引戸の場合の比較

上吊り引戸なら段差も気にならず、おそうじもラクに

下にレールがない上吊り引戸なら、敷居がないので床面がフラットになります。そのため、段差につまずいたり、ひっかかったりという危険を軽減したり、敷居に溜まりがちだったホコリの掃除や、掃除機の取り回しもラクになります。

上吊り引戸なら段差も気にならず、おそうじもラクに

車椅子にも使える床材はこちら
車椅子にも使える床材はこちら

その他のドア選びのヒントを見てみる

間取りを自由にする
光と風にこだわる
基本性能や品質にこだわる
ペットとの暮らしを楽しむ
リフォームを考える

ドアの種類を知る

商品シリーズ

コーディネイトや色柄をチェック
最新機能を見て、体験できます

どなたでも自由にご覧いただけます ショウルームでできること

今すぐリフォームを始めたい方

リフォーム会社探しを相談したい

近くのリフォーム店を探したい

実物を見ながら検討したい