住まいの設備と建材 > 給湯・暖房 > エコキュート > 太陽光発電とエコキュートでWの省エネ

ここから本文です。

エコキュート

太陽光発電とエコキュートでWの省エネを実現

電気を創って省エネ 太陽光発電、電気をムダなく活かして省エネ エコキュート
太陽光発電で、昼間は自然エネルギーでまかない、エコキュートで大気熱と夜間電力で湯沸し、24時間快適に省エネできます。
※1:天候などの気象条件、または電気代の使用条件によっては、すべての電化製品をまかなえません。 ※2:湯切れのために昼間に運転することがあります。

光熱費の大幅ダウンが期待できます

太陽光発電にエコキュートとIHを組み合わせることで、月々の光熱費を削減することができます。 ※3 このグラフは以下のモデルケースをもとに算出しています。実際の経済効果と異なる場合があります。節約を保証するものではありません。〈試算条件〉○大阪で4LDKの一戸建て住宅に住む4人家族を想定しています。(関西電力・大阪ガスの料金単価を使用2016年4月現在 消費税は8%で計算)太陽光発電は、真南向きの30度の勾配の屋根に、太陽電池容量4.9kWh、太陽電池モジュール245W、パワーコンディショナ5.5kWのシステムを設置したと仮定して、気象データ統計値から発電量を予測しています。再生可能エネルギー買取価格は31円/kWhで計算しています。○オール電化のメリットは、ガス給湯器をエコキュートに、ガスコンロをIHクッキングヒーターに取り換えると仮定して計算しています。○光熱費は電気代:月平均12,000円、ガス代:月平均8,000円で計算しています。○当社試算によるもので、保証値ではありません。気象条件、立地条件、設置条件などの諸条件により、実際の導入効果とは異なる場合がありますので、参考値としてご覧ください。

無理なくピークシフトにも貢献できます

電気使用量の多い夏の午後などは、太陽光発電の電気を利用しますので、意識せずにピークシフトに貢献できます。

太陽の光と大気中の熱を利用、CO2の排出もごくわずかです。

非常時に配慮

高性能真空断熱材で高効率 (貯湯ユニット)

停電時でも、昼間は太陽光発電の電気を合計1.5kW※4まで利用可能。またエコキュートのタンク内のお湯を、シャワーや蛇口から利用できます。

※4:曇りや朝夕など太陽電池モジュールの発電量が少ない場合は、使用する電気製品の消費電力によっては運転できない場合があります。

高性能真空断熱材で高効率 (貯湯ユニット)

断水時は、エコキュートの非常用取水栓から水を出して、生活用水に利用できます。

もしもの時も心強いね
太陽光発電システムのサイトを見る