ここから本文です。

エコキュート

不在時の対応

エコキュートのしくみ 設置について 基本的な機能 お手入れについて 不在時の対応 水害・停電・落雷時の対応 断水・凍結について 故障かな? その他 エコキュートの快適機能
不在時の対応

Q

タンクの水を抜きたいのですが?(動画説明あり)

A

●水抜きの手順を動画でご覧いただけます。

≪タンクの水抜きの手順≫

1.浴そうの栓を抜き空にします。
ふろ配管に残った水を抜くために、浴室リモコンの「追いだき」を押します。
ポンプが作動し、配管に残っている水を浴そうに排水します。
循環口から水が出なくなったら、「追いだき」を押して停止します。

2.配線用しゃ断器(ブレーカー)と貯湯タンクの漏電しゃ断器を「切」にします。

3.貯湯ユニット内のお湯をすべて排水します。

①混合水栓のお湯側と水側を開き、お湯が出なくなるまで排水します。
※必ず水を混ぜてぬるめのお湯にしてから排水してください。(タンク内を水にします)

②混合水栓の水側を閉じます。

③給水元栓を閉じます。
※給水元栓が図の位置に取り付けられていない場合は、お買い上げの販売店にご確認ください。
(配管工事により、取付位置が異なる場合があります。)

 脚部化粧カバーの外し方 詳しくはコチラ

④逃がし弁レバーを上げます。

⑤排水栓を開き、排水します。(約1時間かかります。)

⑥排水口や排水配管から水が出なくなったことを確認してください。

⑦混合水栓のお湯側を閉じます。
 

4.配管などに残った水を抜きます。

⑧貯湯ユニットのすべての水抜き栓と非常用取水栓を左に回してゆるめ、ストレーナーは外します。
※水抜き栓は、機種によって数がちがいます。
ストレーナーは、機種によってつまみの向きがちがいます。
イラストのつまみの向きは一例です。

⑨ヒートポンプユニットの水抜き栓(3ヵ所)をゆるめます(抜かないよう注意)。
※配管途中に水抜きバルブが取り付けられているときは、全て開いてください。
※水抜きバルブは、工事により取付位置が異なります。
不明なときは、お買い上げの販売店にご確認ください。

5.排水口や排水配管から水が出なくなったら

⑩貯湯ユニットのすべての水抜き栓と非常用取水栓を閉じ、ストレーナーを取り付けます。

⑪ヒートポンプユニットの水抜き栓(3ヵ所)を閉じます。
※配管途中の水抜きバルブを開いたときは、閉じてください。

⑫排水栓を最後に閉じます。(故障の防止)

⑬逃がし弁レバーを下げます。
※水抜きをしたときは、凍結予防ヒーターの電源プラグを抜いておいてください。

 凍結予防ヒーターについて 詳しくはコチラ


Q

脚部化粧カバーの外し方、つけ方

A

配管のお手入れや点検、水抜きをするときなどは次の要領で前カバーを取り外してから行ってください。

※脚部化粧カバーは、別売品です。取り付けている場合と付いていない場合があります。
不明なときは、お買い上げの販売店にご確認ください。

■取り付けは 前カバー上部の突起を本体に差し込み、左右の穴(各3か所)に前カバーのツメを合わせてネジ止めする。(前カバーが金属製の場合、突起はありません) ■取り外しは ネジ(左右各1本)をゆるめて、前カバーを手前に引く。

Q

凍結予防ヒーターを使いたいのですが?

A

すべてのヒーターの電源プラグをコンセントに差し込んでください。
プラグの数やコンセントの位置は工事により異なります。

※凍結するおそれのない場合は、ヒーターは巻かれていません。不明なときは、お買い上げの販売店にご確認ください。

・外気温が低くなると自動的に凍結予防ヒーターに通電して配管の凍結を予防します。
・凍結のおそれがあるときは、すべての凍結予防ヒーターに通電してください。
・停電中、凍結したときは停電復旧後、凍結予防ヒーターに通電して解凍します。
・凍結するおそれのない季節は、電源プラグを抜いてください。
・長期不在などで水抜きしたときは、電源プラグを抜いておいてください。