住まいの設備と建材 > 給湯・暖房 > エコキュート > 特長 > HEMS(ヘムス)と連携

ここから本文です。

エコキュート

HEMS(ヘムス)と連携

パナソニック エコキュートがつながる! 新しい暮らしは 「スマートHEMS(R)」 から。

HEMSは、エコキュート、太陽光発電、IHクッキングヒーター、エアコンなど、家庭での電気機器をつないでエネルギー使用状況を「見える化」したり、各機器をコントロールしてエネルギーの自動制御ができ、節電を快適にします。

電気使用料の『見える化』 どれだけのエネルギーがいつ、どこで、何に使用されているかをモニターなどで確認できます。 + 電気設備をかしこく『最適制御』 設備を自動的にコントロールし、エネルギーを制御して節電します。

通信規格ECHONET Lite(エコーネット ライト)とは?

ECHONET Liteとは、HEMSがスマートメーター、家電、電気設備と相互にデータ通信するための共通の通信規格です。異なるメーカーの機器であっても、相互に接続・制御することができるように通信規格の標準化が重要で、機器の標準化が先行して検討されています。

※「ECHONETLite」はエコーネットコンソーシアムの商標です。

スマートHEMSとは

パナソニックが考えるホームエネルギーマネジメントシステムのことです。住まいの電気設備・家電をつなげて、エネルギーをつくり、ためて、ムダなく使い、かしこくマネジメント。快適な節電と、心地よい空間、便利な暮らしをご提供します。

HEMS(Home Energy Management System:ホーム エネルギー マネジメント システム)とは

IT技術の活用により、人にかわって家電機器などの最適運転や、エネルギーの使用状況をリアルタイムで表示するなど、家庭におけるエネルギー管理を支援するシステムのことです。 出典:経済産業省「資源エネルギー庁」 資料より抜粋

政府のエネルギー政策の動き

エネルギー問題の解決のため、これから、スマートメーターやHEMSの導入が検討されています。2030年までに、HEMSが全世帯に設置される予定です。

出典:平成24年「グリーン政策大綱」(内閣官房 国家戦略室)より

AiSEG※1とHEMSアダプター接続で、できること

エネルギーの見える化で節電意識がアップ 住まいのどこからでも操作
  • ●AiSEG(MKN700/MKN702)は、給湯専用(HE-J46JZS/HE-J37JZS/HE-J46JZES/HE-J37JZES)と接続できません。AiSEG2(MKN704/MKN705/MKN713)は、給湯専用(HE-J46JZS/HE-J37JZS/HE-J46JZES/HE-J37JZES)と接続できます。
◎宅外からの操作 アプリを利用して外出先からエコキュートの「沸き上げ停止/開始」の操作ができる!※4 旅行などの長期不在時にエコキュートの「沸き上げ停止設定」や、帰宅前に「沸き上げ開始」に操作することができ、ムダな電気を節約できます。 アプリのダウンロードはコチラ(別ウインドウが開きます)
  • ●本アプリのご利用には、当社サーバーサービス(無料)登録が必要です。
    ●本アプリのご利用には、AiSEGがインターネット回線に常時接続されている環境が必要です。

太陽光発電との連携で、余剰電力の使い方が広がる。

[売電優先] プラスアルファ[余剰電力の活用を優先]も選べます
〈太陽光発電を使ってエコキュートを沸き増しする場合の条件〉以下の条件をすべて満たせば、「昼間沸き増し停止」設定時でも沸き増し運転を実施します。(エコキュートが「沸き増し休止」設定時は沸き増し運転を実施しません。1.AiSEG対応エコキュート(有線接続/無線接続)を使用している 2.エコキュート運転モードが「する」に設定されている 3.蓄電池ユニットが接続されている場合は、蓄電池運転モードが「環境優先」に設定されている 4.現在時刻が7時15分〜19時15分の間である 5.お客様による沸き増し中ではない 6.サーバーサービスが登録されていて、天気予報データ※を取得していて予報が「晴れ」である 7.エコキュートの本日の使用可能湯量が1目盛以上減っている※サーバーサービス(無料)の登録が必要です。
  • ※1:別途 スマートコスモもしくは、計測ユニットが必要 ※2:エラーコードは、エコキュートのリモコンで表示 
    ※3:HEMSアダプターのみ ●無線接続する場合は、HEMSアダプターが必要です。