ここから本文です。

ビルトイン食器洗い乾燥機

エコナビ機能説明

ビルトイン食洗機:もっと節水※1・省エネ※1に。だからエコナビ!

Q:今までの洗い方とどう違うの?

たとえば、2つのメニューを比べると

日曜日:汚れは多い、食器量は少ない。月曜日:汚れは少ない食器量は多い。汚れも食器量も違う。

エコナビなら!「食器の汚れ具合」+「食器量」+「室内温度」に合わせて、最適な洗い方を自動的に判断します!(センサーの数は機種によって異なります。)

エコナビのメリットは?

パナソニックだけの技術+アイデア
  1. さらに節水※1・省エネ※1できる! どのくらい節水できるの?
  2. 洗い方は自動で判断! どうやって見分けるの?
  3. しかも、きれいな洗い上がり! キレイを極める新洗浄方式
※1
NP-45KD8Wでエコナビ運転した場合としない場合の比較。
  • エコナビ運転した場合:使用水量約7.5 L、消費電力量約0.42 kWh、運転時間約112分
  • エコナビ運転しない場合:使用水量約9 L、消費電力量約0.48 kWh、運転時間約128分
  • これらは最大値であり、食器の量や汚れにより効果は異なります。
  • 日本電機工業会基準「食器洗い乾燥機の性能測定方法(2008年3月5日改正)」に基づき、給湯温度60 ℃、60 Hzで設定。
  • エコナビ運転の食器点数と汚れの量は独自基準です。
ここではNP-45K8/M8シリーズの3センサーのエコナビで説明しています。
※2
食器の汚れ・種類・設置状態・室温・水温・水道水圧によっては、正しくエコナビ運転しない場合があります。