ここから本文です。

ビルトイン食器洗い乾燥機

キャビネットを取り外してビルトイン

キャビネット部分に後付け。キャビネットを取り外して、ディープタイプの食洗機をビルトインできます

  • 設置前:このキャビネットを取り外して設置

    幅45cmの収納キャビネットのスペースに、ビルトインできます。

  • 設置後:大容量タイプが45cm幅にスッポリ入る!

    設置工事は、わずか2〜3時間程度※、さっそくその日から真新しい食洗機をお使いいただけます。

    ※工事内容により、施工時間は異なります。

設置条件

チェック項目に適合しない場合でも、設置が可能な場合もあります。詳しくはご相談ください。

(幅45 cm 食洗機の場合)

撤去するキャビネットと後付けする食洗機が同一の幅
高さ
床面からワークトップ前垂れ下部までの高さが75〜85 cm(公称キッチン高さ:80〜90 cm)
奥行
ワークトップが奥行65 cm以上(扉当たり面から背壁まで60cm以上)
NP-45MC6Tの場合:ワークトップが奥行60 cm以上
給排水

水道水圧が0.03〜1 MPa(0.3〜10 Kgf/平方cm)の範囲
※配管状態によって水圧が上昇する場合、0.6 MPa(6 Kgf/平方cm)を超えるときは減圧弁を取り付けてください。

給水流量が毎分8 L以上(蛇口全開時)
給湯接続の場合、給湯器は10号相当以上の先止め式で、70度以下に調節可能
※設置スペースに給排水管の事前工事がなされていない場合でも、「簡易排水管キット(N-KH1)」で容易に取り付けることができます
(施工会社にお問い合せください)

電源・アース
単相定格125 V・15 Aの専用電源を確保
(施工会社にお問い合せください)

キャビネットのタイプはいろいろ。こんな場合は後付けOKです

図:キャビネットのタイプ

引出し式の収納キャビネットだけでなく、ドア式の収納キャビネットを撤去してビルトインすることも可能です。
詳しくは施工会社にお問い合せください。

工事はカンタンです

工事例:1.キャビネットを撤去。2.給排水と電源コンセントの事前工事。3.食洗機の設置と給排水の接続。

引出し式の収納キャビネットだけでなく、ドア式の収納キャビネットを撤去してビルトインすることも可能です。
詳しくは施工会社にお問い合せください。

工事用部材のご紹介

キャビネット部などに設置する際に必要な排水管をキットにしました

工事用部材のご紹介