遮煙乗り場ドア「けむりシャット」

一覧

TOP

  • 防火設備の併設がいらず、設計自由度がアップする。遮煙乗り場ドア「けむりシャット」

対応機種

ホームエレベーター
  • 1418フォレストV・1418フォレストH
  • XLミディモダンV
  • XLワイドV・XLワイドH
  • 1414ミディモダンV・1414ミディモダンH
  • XLスリムモダンV
  • 1212スリムモダンV・1212スリムモダンH
  • 1608フィットV・1608フィットH
小型エレベーター
  • XLウェルハートV
  • ウェルハートV

「けむりシャット」は、エレベーター乗り場ドアと乗り場枠・敷居とのすき間を気密材で密閉することで、エレベーター乗り場ドアそのものに遮煙性能を持たせました。エレベーターの設置スペースだけで、防火区画(竪穴区画)を構成でき、これまでのような特別な防火設備の併設が不要となります。尚、同告示第1369号の特定防火設備については、別途ご相談ください。

納まり寸法

パナソニック独自の省スペース設計により、XLスリムモダンV/1212スリムモダンV・1212スリムモダンH以外は、標準仕様品と同じ設置スペースで防火区画(竪穴区画)を構成できます。

ホームエレベーター3人乗り(一方向出入口の場合)

機種標準仕様 間口×奥行(mm)
木造鉄骨造RC造
1418フォレストV1325×16701300×16701325×1670
1418フォレストH1325×16701300×16701325×1670
XLミディモダンV1325×15651300×15651325×1565
XLワイドV1350×13751350×13751350×1375
XLワイドH1350×13751350×13751350×1375
1414ミディモダンV1325×13251300×13251325×1325
1414ミディモダンH1325×13251300×13251325×1325

ホームエレベーター2人乗り(一方向出入口の場合)

機種標準仕様 間口×奥行(mm)[1140]は防火区画対応時の寸法。
木造鉄骨造RC造
XLスリムモダンV注)1080[1140]×13201050[1140]×13001050[1140]×1320
1212スリムモダンV注)1080[1140]×11201050[1140]×11001050[1140]×1120
1212スリムモダンH注)昇降行程10m以下1080[1140]×11201050[1140]×11001050[1140]×1120
昇降行程10m超〜13m以下1080[1140]×11801050[1140]×11601050[1140]×1180
1608フィットV1630×7751600×7601600×780
1608フィットH昇降行程10m以下1630×7751600×7601600×780
昇降行程10m超〜13m以下1630×8551600×8401600×860

XLスリムモダンV/1212スリムモダンV・1212スリムモダンH 設計時の留意事項

乗り場ドアデザイン変更に伴い、昇降路間口寸法の変更があります。

乗り場ドアデザイン昇降路平面図昇降路内間口最小内法の変更

※踏込み部分を含む寸法です。尚、ルーム内奥行き最大寸法は、建築基準法及び確認申請時の寸法とは異なります。

小型エレベーター

機種標準仕様 間口×奥行(mm)
木造鉄骨造RC造
XLウェルハートV1325×16151300×16151325×1615
ウェルハートV1325×13251300×13251325×1325

建築側防火設備の工事不要

エレベーター乗り場ドアそのものに遮煙性能を持たせたことで、
これまで別途必要だった建築側での防火設備工事が不要となり、設計自由度がアップしました。

防火区画対策例

●「けむりシャット」未採用の場合

用途定員Ⅰ 同一部材で遮炎・遮煙性能を
有する防火設備
防火区画(竪穴区画)仕様
A 乗場戸に
接して設置
【防火設備の例】防火戸【防火設備の例】遮炎性能を有する乗場戸+遮煙性能を有するスクリーン
B 乗場戸前の空間を隔てて設置●乗降ロビーを設ける場合【防火設備の例】乗降ロビー+防火防煙シャッター・防火戸【防火設備の例】遮炎性能を有する乗場戸+乗降ロビー+遮煙性能を有するスクリーン

●「けむりシャット」
採用の場合

遮炎・遮煙性能を有するエレベーター乗り場ドア 昇降路前に特別な防火設備を併設する必要はありません。

お求めやすい価格

従来の特別な防火設備の設置の際には、防火設備の費用プラス建築工事の費用が必要でしたが、
エレベーター側で全てが完結するため、費用をおさえることができます。

遮炎・遮煙性能を有する防火設備としてエレベーター乗り場ドアを設置する場合、「けむりシャット」に別途オプションの付加が必要となります。

  • オプション1「けむりシャット」

    遮煙性能を持たせた乗り場ドア。

    「けむりシャット」メーカー希望小売価格
  • オプション2「鋼板製難燃戸」

    遮炎性能を有する乗り場ドア。

    ●追加オプション:1ヵ所あたり41,200円(税抜)

  • オプション3「火災時管制運転装置」

    万一の火災発生時の煙感知器からの信号を受信することにより、
    自動的にエレベーターを避難階に運転させる機能です。

    ●追加オプション:1ヵ所あたり41,200円(税抜)

    注)消防法の規定(施行令第21条及び施行規則第23条)により、昇降路内に煙感知器を設ける場合は、点検口が必要となりますので、
    別途、事前にご相談ください。煙感知器は建築工事にて設置してください。

1台あたりのオプション金額合計

2ヶ所3ヶ所4ヶ所5ヶ所
オプション1オプション1けむりシャット商品代460,000円(税抜)690,000円(税抜)920,000円(税抜)1,150,000円(税抜)
参考据付費100,000円(税抜)150,000円(税抜)200,000円(税抜)250,000円(税抜)
合計 560,000円(税抜)840,000円(税抜)1,120,000円(税抜)1,400,000円(税抜)
++++
オプション2オプション2鋼板製難燃戸 ホームエレベーター82,400円(税抜)123,600円(税抜)164,800円(税抜)206,000円(税抜)
小型エレベーター標準装備
++++
オプション3オプション3火災時管制運転装置ホームエレベーター100,000円(税抜)
小型エレベーター
====
ホームエレベーター合計742,400円(税抜)1,063,600円(税抜)1,384,800円(税抜)1,706,000円(税抜)
小型エレベーター合計660,000円(税抜)940,000円(税抜)1,220,000円(税抜)
2ヶ所
オプション1オプション1けむりシャット商品代460,000円(税抜)
参考据付費100,000円(税抜)
合計 560,000円(税抜)
+
オプション2オプション2鋼板製難燃戸 ホームエレベーター82,400円(税抜)
小型エレベーター標準装備
+
オプション3オプション3火災時管制運転装置ホームエレベーター100,000円(税抜)
小型エレベーター
=
ホームエレベーター合計742,400円(税抜)
小型エレベーター合計660,000円(税抜)
3ヶ所
オプション1オプション1けむりシャット商品代690,000円(税抜)
参考据付費150,000円(税抜)
合計840,000円(税抜)
+
オプション2オプション2鋼板製難燃戸 ホームエレベーター123,600円(税抜)
小型エレベーター標準装備
+
オプション3オプション3火災時管制運転装置ホームエレベーター100,000円(税抜)
小型エレベーター
=
ホームエレベーター合計1,063,600円(税抜)
小型エレベーター合計940,000円(税抜)
4ヶ所
オプション1オプション1けむりシャット商品代920,000円(税抜)
参考据付費200,000円(税抜)
合計1,120,000円(税抜)
+
オプション2オプション2鋼板製難燃戸 ホームエレベーター164,800円(税抜)
小型エレベーター標準装備
+
オプション3オプション3火災時管制運転装置ホームエレベーター100,000円(税抜)
小型エレベーター
=
ホームエレベーター合計1,384,800円(税抜)
小型エレベーター合計1,220,000円(税抜)
5ヶ所
オプション1オプション1けむりシャット商品代1,150,000円(税抜)
参考据付費250,000円(税抜)
合計1,400,000円(税抜)
+
オプション2オプション2鋼板製難燃戸 ホームエレベーター206,000円(税抜)
小型エレベーター標準装備
+
オプション3オプション3火災時管制運転装置ホームエレベーター100,000円(税抜)
小型エレベーター
=
ホームエレベーター合計1,706,000円(税抜)
小型エレベーター