キッチンのお手入れ

MENU

① シンク(流し)

シンクは水アカのつきやすい場所。ぬれたままにすると輝きが失われカビも発生します。
水仕事の後は、手間を惜しまず水滴をしっかりふき取っておきましょう。

日常やること水滴を残さない!

夕食の食器洗い後、台所用洗剤(中性)をスポンジにつけてサッと洗います。

水で洗剤を流してから、ふきんなどで水滴をサッとふき取ってください。

週一度やること汚れが取れにくいときや傷が付いたとき。
素材〈タイプ〉によって汚れの落し方が違います。

人造大理石シンク

キズの補修も簡単にできる人造大理石シンク。
熱湯や熱い鍋、衝撃などにも強い素材です。

洗剤を含ませたスポンジでこすります。洗剤を洗い流して、からぶきをしてください。キズまたは水アカがついた場合は、スポンジや布にクリームクレンザーをつけて磨きます。水ぶきしたあと、からぶきをしてください。

中性洗剤、クレンザー
こんな場合はどうするの?

アルミ鍋などがこすれて跡が残ったとき

● メラミンスポンジでこすってください。

ステンレス製

シャープな輝きが美しく、清潔感のあるステンレスシンク。
熱に強く、すぐれた強度を備えています。

クリームタイプのクレンザーを含ませたスポンジで研磨目にそって磨きます。洗剤を洗い流して、からぶきをしてください。落ちにくい白い汚れはステンレス用クリーナーで落します。

クレンザー、クリーナー

ステンレス製〈ささっと仕様〉

ステンレス表面に施した凸凹加工により傷つきにくく、フッ素特殊コーティングが水滴・汚れをブロックします。

表面にフッ素系特殊コーティングが加工されています。

洗剤を含ませたスポンジで洗います。 洗剤を洗い流して、からぶきをしてください。

中性洗剤

ご注意

  • ◆ステンレスは、塩素系漂白剤を流したり、シンク内に水を張って食器類を漂白しないでください。使用した場合は水洗いを十分に。
  • ◆金属タワシや粒子の粗いクレンザーは使わずにスポンジなどで磨いてください。
金属たわしや塩素はダメ。

月一度やることシーリングの黒ずみを取る。

シンクとカウンターの継ぎ目に使われているシーリング材にカビが生え黒ずんできた場合、指に布を巻き、台所用漂白剤を薄めて含ませ、黒ずみに塗ります

そのまま5分ほど置き、その後水をしっかりかけて洗い流した後、からぶきをします。

漂白剤

がんこな汚れ「もらいサビ」は早めに落とす。

食塩やしょう油などが付着したり、金属タワシや缶を放置しておくと「もらいサビ」が発生します。見つけたらすぐにクリームタイプのクレンザーをつけたスポンジや歯ブラシなどでこすり、水で洗い流した後、からぶきをします。

※「ささっと仕様」の場合はその上からリコートキットで表面のコーティングが必要です。リコートキットで補修することができますので修理ご相談窓口へご依頼ください。(リコートキットはコーティング面を補修するものです。キズは直りません。)

クレンザー
●使用する道具
  • スポンジ
  • タオルぞうきん
  • ゴム手袋
  • 布
  • 歯ブラシ
耳寄り情報

水アカ、汚れがつきにくい〈ささっと仕様〉

●しくみ
表面のフッ素系特殊コーティングの働きで水アカの付着をブロック。表面加工は、シンク本体のみです。 (洗剤ラック、水切りプレートを除く)
  • スポンジなどで軽くこするだけで水アカもすっきり。簡単なお手入れで、きれいな状態が保てます。
  • 表面に施されたフッ素系特殊コーティングが、ステンレスシンクに水アカがこびりつくのを防ぎます。
各部の構造、お手入れ方法はタイプにより異なります。 詳しくは商品の取扱説明書をお読みください。