住宅リフォームのヒント集

一覧

TOP

2017/7/28

「真ん中にキッチン」。ポイントはデザイン性とお手入れのしやすさ

リフォームでは、LDKの中央にキッチンを置きたいと考えている方も多いかも。キッチンが真ん中にあると、おしゃべりしながら楽しく料理ができて、家族の距離がグンと近くに。いつもみんなが過ごす場所だから、デザイン性もお手入れの良さにもこだわりたいですね。

いつも家族と一緒。暮らしの真ん中にキッチンを

昔のキッチンは奥に場所にあり、料理中は孤立しがちでしたが、いまどきのキッチンはリビング内にオープンにキッチンを設けるという考え方もあります。キッチンが真ん中だと、家族が自然と集まって一緒にお料理する機会が増えそう。また、親や友人を招いてのホームパーティも盛り上がりますね。「真ん中にキッチン」のレイアウトは、いつも目にする場所なので、リビングと統一感のある素敵なインテリアキッチンにしましょう。

対面キッチンなら、おしゃべりも料理も同時に楽しめる

片側が壁に接した「ペニンシュラ型」の対面キッチンは、家族や友人とコミュニケーションがとりやすく、デザインによっては適度に手元が隠せるのもポイント。好みの色でコーディネイトしたいなら、オススメはパナソニックキッチン「ラクシーナ」。カウンター×シンク×扉の色柄×ハンドルのデザインの組み合わせがなんと約2万通りもあり、豊富なバリエーションのなかから自分好みのキッチンが選べます。お気に入りの空間に仕上げましょう。

スッキリ美しいアイランドで憧れのインテリアを実現

数人で周りを囲めるからラクラク動けて調理がはかどる「アイランドキッチン」。存在感があるので、どこから見てもスッキリとした美しいデザインを選びたいものです。

特に生活感が生じやすい食器洗い乾燥機やゴミ箱は、使用していない時はキッチンにスッキリ格納させましょう。目立つキッチン家電や置き場所に困る根菜類なども収納しやすいカップボードを選ぶと良いですね。

「真ん中キッチン」で大切なのは美しさが続く工夫があること

「ペニンシュラ」も「アイランド」も、カウンターと背面収納を二列に配置したレイアウトが主流です。冷蔵庫・シンク・コンロの間を数歩動くだけのコンパクト動線なので、効率よく料理ができます。また、素敵なインテリア空間に「真ん中にキッチン」をつくるポイントは、お手入れのしやすさを見極めること。レンジフード、カウンタートップ、シンクなど汚れが付きにくい素材・形状か、調理器具や食器がパッとしまいやすいか、ショウルームで確かめて選びましょう。

照明の選び方次第で、より美味しく楽しい食卓に

リフォームで忘れてはいけない照明プラン。お料理を美味しそうに引き立てるダイニング照明に変えれば、家族の会話も弾みそう。LED照明「美ルック」は、お料理をはじめ、肌や植物、インテリアなど、部屋中をより鮮やかで華やかに照らしてくれるので、美しいオープンキッチンにぴったり。調光タイプを選んで、朝食から団らんタイムまでシーンに合ったあかりの演出を楽しみましょう。

人気記事ランキング

関連キーワード