住宅リフォームのヒント集

一覧

TOP

2015/10/30

和の伝統を現代風にアレンジ!ジャパニーズモダンのインテリアにリフォーム

和の雰囲気が落ち着くシニア世代の方も多いでしょう。床座もいいですが、イスやソファなどの家具を取り入れながら、おしゃれに過ごすなら、ジャパニーズモダンスタイルがおすすめです。家具は低いものを選んで、視線を低くすることがポイントです。さらに、和紙などの和素材の小物や照明を取り入れてみましょう。

和のエッセンスを生かしたジャパニーズモダンスタイル

「和の雰囲気が落ち着く」「おしゃれな旅館のような住まいにしたい」「和風にしたいけど、重い感じの古民家風は苦手」、そんな方はリフォームでジャパニーズモダンスタイルにしてみませんか?お客様もつい長居してしまう、くつろげるジャパニーズモダンスタイルのポイントをご紹介します。

●キッチン

住まい全体を和でナチュラルな空間にする場合は、床材と合わせた木目調のキッチンがおすすめです。

ディープボルドー色にすると、落ち着いた大人のキッチンスタイルにぴったりです。

●リビング

壁を間接照明が照らす落ち着いたリビング。床やドアはオーク柄でまとめています。ドアや家具はモダンなものを取り入れることで、現代風のインテリアになります。

床でくつろぐ場合を考えて、家具はなるべく背の低いものを選びましょう。視線が低いと部屋を広く感じられるのもメリットの1つです。

雑貨を飾るときには「余白」を意識することがポイントです。洋風インテリアは左右対称なシンメトリーが基本ですが、和のインテリアは左右非対象にすることで、空間にリズムがうまれます。

リビングやダイニングの一角に畳スペースがあれば、横になって休みたいときに重宝します。畳の下は収納スペースなので、収納場所が足りないところに置くのもいいですね。リフォームするときには、ぜひ検討してみましょう。

●照明

ダイニングの照明は曲線のフォルムを選ぶと、やさしい雰囲気になります。黒く細いラインが印象的なペンダントライトはよりモダンな印象に。

リビングのシーリングライトは、シンプルな木組みのフレームで側面が和紙のものにすることで、柔らかな光がくつろげる空間を演出します。

●洗面ドレッシング

大容量の収納の扉柄はリビングと同じオーク柄を採用。すっきりと清潔感のあるスペースになります。

●トイレ

珊瑚石柄のフローリングは空間全体をやわらかい印象にします。カウンターをチェリー柄に、便座のフタを黒にするなど、暗めの色をポイントカラーにすることでより落ち着いた雰囲気に。

●バスルーム

壁をベージュの木目柄やモザイク柄にして、心身ともにリフレッシュできるバスタイムをめざしましょう。

●玄関収納

リビングと同じオーク柄の玄関収納を採用。玄関を開けて正面にある壁は、すぐに目にとまるアイキャッチになります。絵やポスターを飾りましょう。シンプルなポスターは、よりモダンな雰囲気に、和を意識した絵なら和風テイストの玄関になります。

人気記事ランキング

関連キーワード