住まいの設備と建材 > 太陽光発電・蓄電システム > 太陽光発電システム > 太陽光発電に必要な機器 > モニタ・出力制御ユニット・電力検出ユニット

太陽光発電システム

モニタ・出力制御ユニット・電力検出ユニット

エネルギーモニタ

エネルギーモニタ・太陽光モニタ
※1 遠隔出力制御対応システムについて
本製品は、2015年1月22日公布の再生可能エネルギー特別措置法施行令規則の一部を改正する省令と関連告示に対応した機器です。
遠隔出力制御を行うためには、対応した以下の機器が必要です。
● パワーコンディショナ(制御対応)、パワーステーション
● 出力制御ユニット(電力検出ユニット、モニター等)また、遠隔出力制御を有効にするためには、インターネット回線への接続が必要です。今後正式発表される遠隔出力制御の仕様によっては、出力制御ユニットのファームウェア(ソフトウェア)の更新や設置場所での作業(有償)が必要となる場合もあります。詳細については、遠隔出力制御の仕様が各電力会社から発表された後に、当社ホームページにてお知らせ予定です。なお、下記の費用はお客様のご負担となります。
● 出力制御ユニットの機器、工事代
● インターネット回線契約・利用に伴う費用 など遠隔出力制御は、電力会社の要請により実施されますので、詳細については電力会社にご確認ください。
※2 「 エコ育」とは、創エネや省エネの状況をアニメーションで表示する機能です。詳しくはこちらをご覧ください。
※3 エコキュート(ヒートポンプ給湯機)を接続すると使用湯量のデータを計測し、使用湯量を表示できます。また、エコキュートがなくても、太陽光発電用の電力量のモニタとして使用することはできます。エコキュートの機種に限定があります。また、エコキュートの増設リモコンは設置できません。
●このモニタで表示する使用湯量は、エコキュートのモニタに表示される湯量と等しくなります。(若干の誤差が生じる場合があります。)タンクで貯湯している高温のお湯の使用湯量や混合水栓の水で混合したお湯の使用量ではありません。
※4 当社製 住宅用創蓄連携システム リチウムイオン蓄電池ユニットに限ります。
※5 外部発電量、エコキュート使用電力量いずれか1つ計測可能です。電力検出ユニット以外にオプションの増設用CTセンサ(品番:VBPW910CT)が必要です。
※6 「全量買取」モードの場合、表示できる項目は「発電量」「売電量」のみです。
※7 電力検出ユニット(品番:VBPW350)の場合は、対応できません。
※8 無線LANはご使用の環境によって接続できない場合があります。無線での接続ができない場合は、有線にて接続してください。
※9 全量買取方式で使用される場合は、電力検出ユニットとしてVBPW372Aを、余剰買取で使用される場合はVBPW372をご使用ください。
※10 全量買取で使用される場合は、電力検出ユニットとしてVBPW371を、余剰買取で使用される場合はVBPW370をご使用ください。
※11 外部発電量が計測可能です。電力検出ユニット以外にオプションの増設用CTセンサ(品番:VBPW910CT)が必要です。

太陽光モニタ/太陽光用出力制御ユニット

エネルギーモニタ・太陽光用出力制御ユニット
※1 遠隔出力制御対応システムについて
本製品は、2015年1月22日公布の再生可能エネルギー特別措置法施行令規則の一部を改正する省令と関連告示に対応した機器です。
遠隔出力制御を行うためには、対応した以下の機器が必要です。
● パワーコンディショナ(制御対応)、パワーステーション
● 出力制御ユニット(電力検出ユニット、モニター等)また、遠隔出力制御を有効にするためには、インターネット回線への接続が必要です。今後正式発表される遠隔出力制御の仕様によっては、出力制御ユニットのファームウェア(ソフトウェア)の更新や設置場所での作業(有償)が必要となる場合もあります。詳細については、遠隔出力制御の仕様が各電力会社から発表された後に、当社ホームページにてお知らせ予定です。なお、下記の費用はお客様のご負担となります。
● 出力制御ユニットの機器、工事代
● インターネット回線契約・利用に伴う費用 など遠隔出力制御は、電力会社の要請により実施されますので、詳細については電力会社にご確認ください。
※2 「 エコ育」とは、創エネや省エネの状況をアニメーションで表示する機能です。詳しくはこちらをご覧ください。
※3 エコキュート(ヒートポンプ給湯機)を接続すると使用湯量のデータを計測し、使用湯量を表示できます。また、エコキュートがなくても、太陽光発電用の電力量のモニタとして使用することはできます。エコキュートの機種に限定があります。また、エコキュートの増設リモコンは設置できません。
●このモニタで表示する使用湯量は、エコキュートのモニタに表示される湯量と等しくなります。(若干の誤差が生じる場合があります。)タンクで貯湯している高温のお湯の使用湯量や混合水栓の水で混合したお湯の使用量ではありません。
※4 当社製 住宅用創蓄連携システム リチウムイオン蓄電池ユニットに限ります。
※5 有線LAN接続も可能です。
※6 別売の電流センサ増設用セット(品番:VBPK2C018G1もしくは品番:VBPK2C100G1)が必要です。
※7 個別消費電力量は最大5ヶ所まで測定可能です。また、個別消費電力量にはエコキュート使用電力量の測定も含まれます。屋内用マルチストリング型パワーコンディショナを使用の場合、発電量は個別表示画面における外部発電項目にて確認できます。なお、外部発電の発電量は全体の発電量に合算されます。
※8 無線LANはご使用の環境によって接続できない場合があります。無線での接続ができない場合は、有線にて接続してください。
※9 全量買取方式で使用される場合は、電力検出ユニットとしてVBPW274Aを、余剰買取方式で使用される場合はVBPW274をご使用ください。
※10 遠隔出力制御対応を可能にする機器。
※11 屋外用マルチストリング型、屋内用集中型および屋外用集中型パワーコンディショナは最大5台まで計測できます。ただし、最大120Aまでしか計測できません。
※12 屋外用マルチストリング型(VBPC246B2、VBPC259B2)、屋内用集中型パワーコンディショナは最大5台まで、屋外用マルチストリング型(VBPC246B3、VBPC259B3)、屋外用集中型パワーコンディショナは最大10台まで計測できます。屋内用マルチストリング型パワーコンディショナには対応していません。
※13 ルーターを使用することでパソコン等ブラウザ搭載機器での電力量表示が可能。ただし、すべての環境で動作を保証するものではありません。

無線LAN対応機器:推奨ルーター・中継機

● (株) バッファロー製 ● NECプラットフォームズ(株)製 ● 802.11 b/g対応の無線アクセスポイントをお選びください。
詳しくは、こちらをご確認ください。

電力検出ユニット

エネルギーモニタなどで表示する発電状態やお湯の使用量などを計測してデータを送信します。

エネルギーモニタ用電力検出ユニット・太陽光モニタ用電力検出ユニット
接続機器に記載のあるエネルギーモニタ・太陽光モニタとセットでご使用ください。

遠隔出力制御対応パワーコンディショナの最大接続範囲

遠隔出力制御対応パワーコンディショナの最大接続範囲

全量対応タイプをラインアップ。

エネルギーモニタ用電力検出ユニット・太陽光モニタ用電力検出ユニット
接続機器に記載のあるエネルギーモニタまたは、太陽光モニタとセットでご使用ください。

VBPM372C、VBPW274A、VBPW274、およびVBPM274Cについてのご注意

VBPM372C、VBPW274A、VBPW274、およびVBPM274C(以下、本製品)の使用周波数帯は2.4GHzです。この周波数帯では、電子レンジ等の産業・科学・医療用機器のほか工場の製造ライン等で使用されている移動体識別用の構内無線局(免許を要する無線局)及び特定小電力無線局(免許を要しない無線局)並びにアマチュア無線局(免許を要する無線局)が運用されています。

1. 本製品を使用する前に、近くで移動体識別用の構内無線局及び特定小電力無線局並びにアマチュア無線局が運用されていないことを確認してください。
2. 万一、本製品から移動体識別用の構内無線局に対して有害な電波干渉の事例が発生した場合には、速やかに本製品の通信方法を有線通信に切り替える、使用場所を変える、または運用を停止(電波の 発射を停止)してください。
3. その他、本製品から移動体識別用の特定小電力無線局あるいはアマチュア無線局に対して有害な電波干渉の事例が発生した場合など何かお困りのことが起きたときは、こちらへお問い合わせください。

VBPW274A、VBPW274、VBPW203Kの側面およびVBPM274C、VBPM203Cの背面の記載についてのご説明
※1 遠隔出力制御対応システムについて
本製品は、2015年1月22日公布の再生可能エネルギー特別措置法施行令規則の一部を改正する省令と関連告示に対応した機器です。
遠隔出力制御を行うためには、対応した以下の機器が必要です。
● パワーコンディショナ(制御対応)、パワーステーション ● 出力制御ユニット(電力検出ユニット、モニター等)
また、遠隔出力制御を有効にするためには、インターネット回線への接続が必要です。今後正式発表される遠隔出力制御の仕様によっては、出力制御ユニットのファームウェア(ソフトウェア)の更新や設置場所での作業(有償)が必要となる場合もあります。詳細については、遠隔出力制御の仕様が各電力会社から発表された後に、当社ホームページにてお知らせ予定です。
なお、下記の費用はお客様のご負担となります。
● 出力制御ユニットの機器、工事代 ● インターネット回線契約・利用に伴う費用 など
遠隔出力制御は電力会社の要請により実施されますので、詳細については、電力会社にご確認ください。
※2 遠隔出力制御対応を可能にする接続機器。
※3 CTセンサは、ケーブル径が38muまでしか対応できません。また、CTケーブルの長さは1.5mです。離れた場所に設置する場合は、主幹CT用延長ケーブル(品番:VBPW99101)、太陽光・増設CT用延長ケーブル(品番:VBPW99102)各10mをご使用ください。
※4 外部発電量、エコキュート使用電力量いずれか1つ計測可能です。電力検出ユニット以外にオプションの増設用CTセンサ(品番:VBPW910CT)が必要です。
※5 屋外用マルチストリング型、屋内用集中型および屋外用集中型パワーコンディショナは最大5台まで計測できます。ただし、最大120Aまでしか計測できません。
※6 別売の電流センサ増設用セット(品番:VBPK2C018G1もしくは品番:VBPK2C100G1)が必要です
※7 個別消費電力量は最大5ヶ所まで使用可能です。また、個別消費電力量にはエコキュート使用電力量の測定も含まれます。屋内用マルチストリング型パワーコンディショナに用いた際、パワーコンディショナの発電量は発電量の個別表示画面における外部発電項目にて確認できます。また、屋内用マルチストリング型パワーコンディショナにて外部発電を使用の場合は、外部発電の発電量は全体の発電量に合算されます。
※8 当社製 住宅用創蓄連携システム(パワーステーション)との接続時、リチウム蓄電池ユニットの充電量の確認が可能です。
※9 給湯量やお湯の表示は、パナソニック エコキュート('06年以降に発売された商品かつ増設リモコン端子台があるもの)に限ります。給湯専用タイプにつきましては接続できないタイプもございます。エコキュートは、1台まで接続可能です。増設リモコンを設置している場合は、使用できません。エコキュートを接続しない場合は、表示されません。
※10 住宅環境(戸建、アパート)相当の屋内に設置してください。
※11 無線LANはご使用の環境によって接続できない場合があります。無線での接続ができない場合は有線にて接続してください。
※12 屋内用集中型パワーコンディショナは最大5台まで、屋外用マルチストリング型(VBPC246B3、VBPC259B3)、屋外用集中型パワーコンディショナは最大10台まで計測できます。屋内用マルチストリング型パワーコンディショナには対応していません。
※13 CTセンサは、ケーブル径が38mm2までしか対応できません。
CTケーブルの長さは1.5mです。離れた場所に設置する場合は、CT用延長ケーブル(品番:VBPW99101)10mをご使用ください。
もっと詳しく知りたい
  • 光熱費をシュミレーション
  • カタログを請求する
  • ショウルームへ行く