ここから本文です。

住まいづくりの基礎知識

家づくり・リフォームの流れ、工法、図面記号、用語集など、住まいの基礎を分かりやすく解説。


工法・構造

自分の家の工法・構造をしっかり学ぶことが大切です。

プレハブ住宅

工場での大量生産のメリットを生かした住宅

プレハブ住宅とは、工場で生産された部材を現場に運び、現場で部材を組み合わせたり接合して建築する住宅のことです。部材の多くが工場で生産されるため、部材自体の品質が安定していますし、施工(工事)の精度も高くなります。また、施工が比較的シンプルな分、短い工期で家を建てることができます。さらに、各社独自の工法や構造を採用して構造計算をきちんと行うなど、研究開発に相当の費用がかけられている点でも安心感があります。

プレハブ住宅の種類

プレハブ住宅の種類は、構造材に着目して木質系(あるいは木質パネル系)、鉄骨系、コンクリート系に分けられます。また、建て方に着目してパネル(耐力壁)方式、軸組方式、ユニット方式などに分けることもあります。パネル方式は木質系・鉄鋼系・コンクリート系のパネルで耐力壁を建て上げ、建物を支えるという工法。軸組方式は主として鉄骨によって柱・梁などを組み、この軸組で建物を支える工法。ユニット方式は工場で住宅の各部位を生産し、これを現場に運んでユニットを積み上げ、住宅を構成する工法です。

設計の自由度や将来のリフォームには制約も

プレハブ住宅は部材の多くを工場で生産し、プランもある程度規格化しているため、設計の自由度は低くなります。パネル方式やユニット方式の場合はとくに、道路条件によっては部材を現場に運び込めないケースもあります。また、各社独自の工法や構造なので、将来のリフォームもいろいろな制約を伴います。こうした点にはあらかじめ注意しておきましょう。

 

▲ページトップへ

この内容は2004年8月20日現在のものです。

あこがれの「住まい」を考えるヒントや、日々の暮らしを少しの工夫でより快適にする情報などをお届けしています