住宅リフォームのヒント集

一覧

TOP

2015/12/25

寒い…を解消!暖かいわが家へリフォームするなら”足元”に注目

寒い冬に心強い味方になってくれるのが、足元から暖める床暖房。冷えやすい下半身をしっかり暖めるので、女性やシニアに特にオススメです。その床暖房にも種類があることをご存知ですか?自分に合った床暖房とリフォーム時の導入方法を知っておきましょう。

床面から放射される健康的な温もり

暖まった空気は上昇し、熱が上にこもります。暖房時に頭がボーッとのぼせるのはそのため。床暖房は、暖まった床面から放射される輻射熱(遠赤外線)で、室内や身体に熱を伝えます。床面が最も温度が高く、天井に近づくほど少しずつ下がる頭寒足熱の暖房で暑くなりすぎません。輻射熱で温めるので部屋が乾燥しすぎず、音やニオイもほとんどないのも、うれしいポイントです。

床暖房の方式は2つ。広さや省エネ性で選ぼう

床暖房は、床の張り替え工事などを伴うので、内装リフォーム時に導入するのがオススメです。床暖房には「温水式」と「電気式」が、床の仕上げ材を選べる分離型と、仕上げ材一体型があります。特徴を知って、自分の目的にふさわしい方式を選びましょう。その際に、新しい機器の省エネ性にも注目して、エコで快適な冬の暮らしを手に入れましょう。

●広い範囲や長時間使用に向く温水式

温水式床暖房には、ヒートポンプ式とガス式があります。ともに床下にお湯を循環させて床から暖めますが、ヒートポンプ式は大気の熱を効率よく利用するので光熱費がガス式の約2分の1になります(※)。長時間暖房を使う場合やリビングなど広い部屋に向いています。また、割安な夜間電力を利用するお得な「エコキュート」と組み合わせることも可能です。

  • ※光熱費は目安であり、使用地域・使用時期・使用状況により異なりますのでその値を保証するものではありません。参考値としてお考えください。

●キッチンなど部分設置に最適な電気式

電気式床暖房では自動で温度をコントロールするPCTヒーターが注目されています。床面が必要以上に暖まらないよう発熱を決め細かく抑制してくれるので、電気代が節約できます。キッチンのシンク前やソファの足下など部分暖房の場合、設置費用が抑えられる電気式が向いています。

四季を通じて使える堀座卓。冬は足元ヒーターで効率的に暖かく

冬になると恋しくなるのがこたつ。掘り込み式なら長時間座っていても身体がラクですね。冬はこたつとしてヒーターで効率的に脚全体を暖め、それ以外のシーズンは座卓として、四季を通じて使えるのが「堀座卓」。和室だけでなく、洋風のリビングでもソファでなく堀座卓を設置して床に座れば、天井が高くなりすっきりした広い空間になります。家族で、お客さまと、座卓を囲んで和気あいあいと楽しく過ごせます。

バスルームも足元から暖かく、ゆっくりと入浴スタート

寒い季節、バスルームへ入る第一歩がヒンヤリという経験はありませんか?パナソニックの浴室床暖房「スゴぽかフロア」なら、一歩目から暖かく足下から暖まるので、「早く湯船に入らなくては」などとあせらず身体もゆっくり洗えます。さらに、年間電気代はわずか約320円(※)です。

  • ※コスト算出条件:算出基準料金(税込)
    新電力料金目安単価27円/kwh((社)全国家庭電気製品公正取引協議会)[スゴぽかフロア(床暖房)]1616サイズ。1日20分(10分×2回)使用。年の半分は使用せず。年間182.5日で計算。[カビシャット暖房換気乾燥機(100V)との併用]

人気記事ランキング

関連キーワード