住宅リフォームのヒント集

一覧

TOP

2015/11/30

リフォーム後の友人へのお披露目。印象がガラリと変わる、たった10分のお掃除ポイント

リフォーム後にお披露目パーティをしたいけど、リフォームをしていない場所の汚れが気になって・・・。そんな方のために、「住まいの印象を大きく変える掃除方法」をご紹介します。毎日の掃除の際にも意識したいポイントが満載です。

リフォームしたら、友達・ご近所さんを家に呼ぼう

リフォームは、家全体を新築のようにする大規模リフォームから、LDKや水まわりなどの部分リフォームまでさまざま。リフォーム後は家に人を呼んで、お披露目パーティをしませんか?
人を呼ぶためには、できるだけ部屋をきれいに片づけたいですよね。リフォームできれいになった住まいをもっと素敵にしましょう。
その際、部分リフォームの場合は、きれいになった場所とそうでない場所の差が出るので要注意。リフォームをしなかった所も、少し手入れをするだけで印象がガラリと変わるので、ポイントを押さえて掃除をしましょう!

掃除ポイントは、磨けば光る場所

「住まいの印象を大きく変えるためには、磨けば光る場所を掃除しましょう」と教えてくれたのは、衣・食・住など、暮らしの工夫を85年研究している「全国友の会 多摩友の会 住グループ」の皆様。どこを磨けばいいか、具体的に教えてもらいました。

  • ※全国友の会は、婦人之友社発行の「婦人之友」読者のグループです。
    約2万人の会員が「家庭は質素に、社会は豊富に」をモットーに、衣・食・住・家庭経済・子育てなどの暮らしの工夫を、共に知恵を出し合いながら、学び実践しています。

●洗面スペースの鏡

洗面所やトイレはお客様も使う場所。特に、鏡の汚れは目立つものです。曇った鏡とピカピカな鏡では印象が大きく変わります。

●水栓金具

水栓金具に水アカがついていると、ひどく汚れている印象を与えます。水栓の裏側などの掃除しにくい場所は、適当な長さにカットした古いストッキングを引っかけ、左右に動かしながら磨くときれいになります。

●ドアノブ

毎日使っているけど、なかなか掃除をしない場所。乾いた布で磨くだけできれいになります。手アカ汚れがひどい場合は、重曹水やリビング用洗剤をつけた布で拭いて、カラ拭きするといいでしょう。

  • ※シミや故障の原因になる場合があるので、リビング用洗剤を直接スプレーはしないでください。

●テレビ

テレビは静電気などでほこりがつきやすいもの。ほこりを払うだけで印象が変わります。大画面のテレビの人は特にほこりに気を付けましょう。

  • ※お手入れ方法は一般的な方法をご紹介しています。お手入れの仕方は、各設備の「取扱説明書」「ご愛用者のしおり」などをよくお読みいただき、正しくご使用ください。

忘れてはいけない、スイッチプレート

特に白いスイッチプレートは汚れが目立ちます。水で濡らして固く絞った柔らかな布で拭いて汚れを落としましょう。手アカ汚れがひどい場合は、重曹水やリビング用洗剤をつけた布で拭いて、カラ拭きするといいでしょう。

  • ※シミや故障の原因になる場合があるので、リビング用洗剤を直接スプレーはしないでください。

時間が余れば、窓もピカピカにしよう

眺めのいい部屋にお住まいなら、初めていらっしゃるお客様は特に、景色を見る方が多いことでしょう。そんなとき、窓が曇っていては台無しです。時間がある場合は、窓をきれいに磨きましょう。窓磨きに役立つのは新聞紙。丸めた新聞紙を水で濡らし、固く絞ってから窓を拭いてください。仕上げに、乾いた新聞紙を丸めたもので拭くと新聞紙のインクが皮膜を作って、ピカピカになります。他にも、雑巾を少ししめらせて拭く方法もおすすめです。ゴミが出ず、手が汚れません。急な来客でも身近にあるものでさっときれいにしましょう。

リフォームのときは汚れがつきにくいものを選ぶ

リフォームをする際、汚れがつきにくく、汚れてもさっと落とせる設備を選ぶとリフォーム後の掃除がぐっとラクになります。とくに毎日使って汚れやすい水まわりはお掃除のしやすさがポイントです。洗面ドレッシング「シーライン」は、カウンターに継ぎ目がないので、汚れてもさっと拭くだけできれいになります。さらに、排水口にスキマがないので汚れがたまりにくい設計です。
また、家族みんなの手が触れるドアノブは、細菌による接触感染の原因になりやすい箇所。毎日の掃除も大切ですが、細菌の増殖を防ぐ抗菌塗装のものを選ぶといいですね。

人気記事ランキング

関連キーワード