住宅リフォームのヒント集

一覧

TOP

2015/07/22

子どものためにいつでも清潔に!キッチンは新素材と除菌できる機器をチェック

いつでも清潔にしておきたいけど、子育てに追われて、つい汚れがち。でも、キッチンは衛生面でもきれいにしておきたい場所です。リフォームでは、除菌できる機器や汚れにくい「素材」に着目しましょう。お手軽掃除で、いつでも清潔に保てます。

子どもの環境を少しでも清潔にしたい!抗菌・殺菌・除菌の違いは?

子どものために、いつもキッチンを清潔にしたいママ。病気などの原因になる細菌が気になります。抗菌、殺菌、除菌にはそれぞれ違いがあることを知っていますか?

「抗菌」
細菌の繁殖を防止すること。殺したり減少させるのではなく増やさないようにすること
「殺菌」
細菌そのものを殺すこと
「除菌」
ある物体や液体、限られた空間にいる微生物の数を減らして清浄度を高めること

  • (※日本石鹸洗剤工業会)

特に毎日使うキッチンは衛生面に気を付けたい場所です。リフォームでは除菌できる機器を設置したり、汚れにくい素材を選びましょう。汚れても簡単なお掃除でキレイになればいつでも清潔に保てます。

まな板は洗って収納するだけでUV除菌

まな板は細菌がうつらないように、肉・魚・野菜用などに分けているご家庭も多いかもしれません。今は洗って収納するだけで、UV除菌(※)できる乾燥機があります。ふきんも一緒に除菌してしまいましょう。

  • ※・試験機関名:(財)日本食品分析センター ・試験方法:寒天平板培養法 ・除菌の方法:紫外線(UV)照射 ・除菌の対象:庫内プラスチックまな板 ・試験結果:約2分間紫外線(UV)照射終了後99%以上の除菌効果 ・試験は2種類の菌で実施(すべての菌を除菌できるものではありません) ・除菌効果はまな板の汚れの程度により異なります。(プラスチック製のみ) ・ウィルスを抑制するものではありません。 ・使用上の注意に従わずご使用になられた場合、除菌効果を得られない場合があります。

低温でもきちんと除菌。子どものお気に入りの食器を清潔に

子ども用の樹脂製食器は熱に弱いものもあります。耐熱温度60℃以上の食器なら、低温のミストでしっかり除菌できます。子どものお気に入りの食器をいつでも清潔にしておきたいですね。

シンクやカウンターはスキマがないのがキレイの秘訣

カウンターとシンク、排水溝のまわりにスキマがない一体成型なので、汚れがたまりにくくお手入れラクラク。サッと拭くだけで、いつでもキレイに保てます。

大敵レンジフードをラクに掃除

キッチン掃除で一番大変なのが、レンジフード。汚れたままにしておくと、ファンをまわすたびに油の臭いがキッチンに広がる…ということも。高いところに手を伸ばして、油で汚れたレンジフードは取り外すだけでも大仕事。パパがお掃除担当の家庭も多いかもしれません。そんな場所こそ、汚れにくい素材で掃除の負担を軽くしましょう。油汚れに強い有機親水コーティングの整流板はサッとふくだけできれいに。高速回転フィルターが煙とともにあがる油をオイルキャッチにためるので内部まで汚れがいきません。整流版やファンなど、ワンタッチで取り外せるので、お手入れがぐっとラクになります。

油汚れをはじくフローリングは主婦の強い味方!

子どもがいると気になるのが床の汚れです。掃除をしてスッキリと思った次の瞬間に食べこぼししたり、すぐに床を汚してしまいます。サッと拭くだけで油汚れを落とせる素材なら、掃除がラクになります。さらに、ワックスがけが不要な素材なら、から拭きだけで光沢が長持ちします。

人気記事ランキング

関連キーワード