ここから本文です。

IHクッキングヒーター

使える鍋の見分け方

IHクッキングヒーターで使える鍋の見分け方は?

SGマーク(IHまたはCH・IH)

IHヒーターでは材質や底の形状などによって、使える鍋と使えない鍋があります。新しく購入するときは、一般財団法人「製品安全協会」のSGマークIHまたはCH・IHのある鍋、またはあっせん鍋をおすすめします。(詳しくは「IHに適したあっせん鍋」をご覧ください)
お手持ちの鍋が使えるか見分けるには、下記内容をお確かめください。 オールメタル対応IHヒーターをご使用の場合、軽いと加熱中に鍋が動くことがありますので、調理物と合わせて約700g以上でお使いください。

お手持ちの鍋をIHヒーター本体で確認できます。

水を入れた鍋を載せ、電源スイッチを入にし、IHヒーターの「切/入」キーを押してください。※左右どちらのIHヒーターでも確認できます。火力表示が点灯(加熱スタート)※確認したらすぐに「切/入」キーを押して通電を切って下さい。 そのまま放置すると鍋が熱くなります。火力表示が点滅しを表示(約1分後に表示が消え、通電を停止します)

加熱調理で使える鍋

鍋の材質、鍋の大きさ・形状

揚げ物調理で使える鍋

揚げ物調理で使える鍋

    ※1 安全機能が正しく働かなかったり、火力が弱くなったり、加熱できなかったりするものがあります。

    ※2 鍋底が薄すぎるもの、反っているものは、空焼き・強火の加熱で赤熱・変形する場合があります。

    ※3 大きな鍋で多量の湯を沸かすと沸騰しないことがあります。

    ※4 鍋の種類、材質、鍋底の形状、大きさなどによって油温がずれたり、予熱完了までに時間がかかったりすることがあります。特にアルミ・銅鍋については予熱に15分程度かかる場合があります。また、鍋の反り、脚があるもの、底の丸いものは使えないものがあります。

    ※5 火災のおそれがあるため、200g未満、深さ1cm未満の油量では調理しないでください。揚げ物の油温は油量800gまでの調理を基本としています。
    800gを超える油量でご使用の場合は、温度が正しく上がらないことがあります。

    IHに適した鍋でも「キーン」「ジー」「ブー」など音がすることがありますが機器の異常ではありません。
    鍋の位置を少しずらすか置き直すと音が止まることがあります。

IHで使えない鍋にはラジエントヒーター

ラジエントヒーター

底が平らで厚手の鍋が適しています。底径16cm未満の鍋が使えます。少量の調理に便利です。IHヒーターに比べて火力は弱くなります。
〈中央に見える棒は温度を検知するセンサーです。〉

ラジエントヒーターで使えない鍋

ラジエントヒーターで使えない鍋

・脚つきの土鍋は加熱できません。
・ガラス製の鍋は超耐熱ガラス製鍋以外は使えません。(割れる場合があります)
・底に凹凸があるものはヒーターの損傷や劣化を早める原因になります。
・魚焼器・網はトッププレート損傷の原因になります。

自動炊飯・自動湯沸かしに使える鍋・やかん

 (必ず財団法人「製品安全協会」が認定したIH/CH・IHマークのある鍋ややかんを使用してください)

自動炊飯で使える鍋

左IHの場合:底の直径が18〜20cm、深さ8cm以上、底の厚さ2.5mm以上の鍋
後ろIHの場合:底の直径が約16〜17cm、深さ7cm以上、底の厚さ 2.5mm以上の鍋
(ホーロー鍋はこげつきやすいので、おすすめできません。)

自動湯沸かしで使える鍋・やかん

内面がフッ素加工されたものは、センサーが正しく検知できない場合があります。
  • IH/IH-CH付きステンレス製で鍋底に磁石が付くもの
  • やかんや鍋の材質・厚さ・反り(1mm以上)・底形状 ・水量・水温などにより、ブザーが沸騰前に鳴ったり、沸騰してもすぐに鳴らないことがあります。 
    ※底に1mm以上の溝や刻印のあるもの
  • 満水容量は機種により幅(60〜70%)があります。
    詳しくは取扱説明書をご覧ください。

自動湯湯沸かしおすすめケトル