住まいの設備と建材 > 給湯・暖房 > エコキュート > エコキュートのしくみ

ここから本文です。

エコキュート

エコキュートのしくみ

お湯をかしこくつくる、エコキュートのしくみ※1

大気熱を自然冷媒に集め、その熱でお湯を沸かします。

大気中の熱をとりこむ/吸い込まれた熱は、空気熱交換器で自然冷媒がしっかりと吸収します。
圧縮して、高温にする/熱を吸収した自然冷媒は、圧縮機によって圧力をかけられ、高温になります。
自然冷媒の熱を、水に伝える/水熱交換器では、高温になった自然冷媒が熱を水に伝え、お湯をつくります。
お湯を貯湯タンクにためる/熱を伝えられた水はお湯へと変化し、貯湯ユニットへ貯湯されます。キッチンやおふろでたっぷりのお湯が使えます。
膨張させて温度を下げる/水熱交換器で熱を水に奪われた自然冷媒は膨張し、空気熱交換器で大気熱を吸収します。
(別ウインドウが開きます)空気の熱を上手に使うエコキュートのしくみをご紹介!エコキュートの原理がよくわかる!ホットくん

エコキュートとは

大気の熱を利用してお湯を沸かす、地球環境への負荷をおさえた自然冷媒(CO2)ヒートポンプ給湯機です。

自然冷媒とは

一般に自然界に存在する物質で、可燃性、毒性もありません。また加熱能力に優れているため、外気温が−10℃※1と低くても高温での貯湯が可能。高温沸き上げに適している冷媒です。

  • ※1 最低気温が−10℃を下まわる地域ではご使用できません。寒冷地向けの場合は外気温が−20℃を下回る地域は屋内設置用タイプを使用し、貯湯ユニットを屋内に設置してください。ヒートポンプユニットは−25℃で最高約80℃の沸き上げが可能ですがタンク全量沸き上げできない場合があります。

圧縮機のしくみ

ヒートポンプとは、空気の熱を熱交換器で冷媒に集め、その冷媒を圧縮機で圧縮してさらに高温にし、高温になった冷媒の熱を水に伝えてお湯を沸かすしくみです。

  • 圧縮機のしくみについて気体が高温になる実験がご覧いただけます。
    シリンダーに小さい綿が入っており、圧力をかけると、綿が一瞬発火します。

地球温暖化の原因、CO2の削減を暮らしながら、快適なエコライフで実践します

『エコキュート』が採用している自然冷媒は、従来のフロン系冷媒と違い、オゾン層にダメージを与えず、地球温暖化係数もフロン系の約1,700分の1。

家庭用給湯の省エネがCO2削減に

私たちが毎日、お湯を沸かしたり、おふろでシャワーを浴びたりするために使うエネルギーは、エネルギー消費量全体の約1/3になります。エコキュートを取り入れることで、給湯の省エネとCO2削減がはかれます。

家庭部門用途別エネルギー消費量

高効率で沸かす

大気熱を利用するので、お湯を沸かす効率は電気エネルギーのみの場合に比べて電力消費量約1/3。

大気熱を利用するので、お湯を沸かす効率は電気エネルギーのみの場合に比べて電力消費量約1/3。

主に夜間電力※2を使うので、昼間の電気使用量を抑えます

割安な夜間電力を使用するので、給湯コストを大幅に削減できます。しかも電気使用量の多い昼間のピーク時、電力消費の節減にも貢献、ピークシフト※3に対応します。

1日の電気の使われるイメージ
※2:湯切れ防止のために昼間に運転することがあります。
※3:昼間の電力需要ピーク時の電力の消費を抑え、余力のある夜間に分散させること。
エコキュートを選ぶ ランニングコストを見る