• 日本全国10,000人くらし調査 リフォームプラン日本全国10,000人くらし調査 リフォームプラン

10,000人のくらし調査から見えてきた。
これからの暮らしで大切にしたい
5つのキーワード!

ニューノーマルな生活様式に添いながらの暮らしはお家時間を見つめなおすきっかけになりました。
家で過ごす時間の可能性が広がったからこそ、これから住まいに求めたいこととは?
そこで日本全国10,000人の大調査から見えてきた、本当に大切にしたい住まいのかたちをご紹介!
さらに、「暮らし」や「人生」における豊かさについて
専門家ならではのさまざまな視点でのコメントも頂きました。

インテリアを通じて暮らしの豊かさを伝える インテリアスタイリスト 石井 佳苗 さんインテリアを通じて暮らしの豊かさを伝える インテリアスタイリスト 石井 佳苗 さん
人にとっての幸せを科学する 慶應義塾大学教授 前野 隆司 さん人にとっての幸せを科学する 慶應義塾大学教授 前野 隆司 さん
PLAN04
-1

“余白”のある暮らし。

家(ウチ)でありつつ外(ソト)とつながる暮らし

DIYで模様替え、料理を楽しむこと、体を鍛えることーーー。
家で過ごす中で広がった、おうちの時間の楽しみ。
一方で外とつながる大切さ、喜びも再認識することになりました。
だからこそほしいのは家(ウチ)と外(ソト)とが緩やかにつながる縁側のような空間。玄関を開けたところに、土間を広く取って、子供たちが遊べる場所を作ってもいいかもしれない。休日には友人たちと集って、気兼ねなくパーティをしても。
可変性のあるスペースは暮らしをアップデートしてくれるはず。

【家族構成】
30歳~40歳 夫婦・子供2人(小学生・中学生)

昔の縁側みたいに気兼ねなくおしゃべりできるわ。
見る
見る
POINT1

2階はプライベート空間に。吹き抜けからは1Fで遊ぶ⼦供の様⼦も⾒守れる。

POINT2

1Fスペースを⼟間空間に。「ウチ」でありながら、「ソト」であるパブリック空間として近所の⽅との交流の場にしたり、子供たちの遊び場や、店舗のように趣味のコレクションを飾ったり。

慶應義塾大学教授
前野 隆司 さん

外とのつながりや、やりがいを感じることで心の健康が保てます。
オープンなスペースはいいですよね。

さまざまな間取りに応えるプラン多数ご用意!

PLAN04
-2

好きな本や趣味のコレクションを
飾れる本棚つきトイレ。

見る
見る
PLAN04
-3

ベランダ近くのエリアに
インナーテラスを設けた
サンルームのような空間。

見る
見る
PLAN04
-4

玄関に土間を設け
趣味の自転車を飾ったり
メンテナンスできる空間。

見る
見る
リビングショウルーム お近くのショウルームで新しい暮らしを体験リビングショウルーム お近くのショウルームで新しい暮らしを体験
住まいの設備と建材住まいの設備と建材

Panasonicの住まい・くらし SNSアカウント

  • すむすむ公式 Facebook
  • すむすむ公式 Twitter
  • すむすむ公式 Instagram
  • すむすむ公式 Youtube
  • パナソニックの住まい・くらし方情報