• 日本全国10,000人くらし調査 リフォームプラン日本全国10,000人くらし調査 リフォームプラン

10,000人のくらし調査から見えてきた。
これからの暮らしで大切にしたい
5つのキーワード!

ニューノーマルな生活様式に添いながらの暮らしはお家時間を見つめなおすきっかけになりました。
家で過ごす時間の可能性が広がったからこそ、これから住まいに求めたいこととは?
そこで日本全国10,000人の大調査から見えてきた、本当に大切にしたい住まいのかたちをご紹介!
さらに、「暮らし」や「人生」における豊かさについて
専門家ならではのさまざまな視点でのコメントも頂きました。

インテリアを通じて暮らしの豊かさを伝える インテリアスタイリスト 石井 佳苗 さんインテリアを通じて暮らしの豊かさを伝える インテリアスタイリスト 石井 佳苗 さん
人にとっての幸せを科学する 慶應義塾大学教授 前野 隆司 さん人にとっての幸せを科学する 慶應義塾大学教授 前野 隆司 さん
PLAN03
-1

家族時々、自分。

家族それぞれの居場所をつくる家

住まいには「家族時間」と「自分時間」がある。
食卓を囲むとき、会話を楽しむときは集い、
仕事、学び、趣味、休息の時間はおのおのに過ごしたい。
どちらの時間もひとつの家でつくるにはゆるく仕切る機能を取り入れて。
引戸だったり、収納だったり。壁の色や床の色でエリア分けしても楽しい。
つながっている安心感がありつつ、プライベートの充足感のある家を。

【家族構成】
30歳~40歳 夫婦・子供1人(高校生)

みんなの気配を感じながら読書にも集中できる。
見る
見る
見る
見る
見る
見る
POINT1

ゆるく仕切って家族の様子を見守りながらくつろげるお母さんのスペースを。

POINT2

ゆるく仕切って家族が一緒にいても居心地の良いお父さんのスペースを。

POINT3

レストランのような家族が集うキッチンスペースを中⼼に。まわりをゆるく仕切って家族それぞれがひとりになれるスペースを。

POINT4

トイレを広くくつろげる空間に。

インテリアスタイリスト
石井 佳苗 さん

キッチンやリビングなどお家のいろいろな所に目が届く場所にお母さんのスペースが
確保されているのはいいですね。

慶應義塾大学教授
前野 隆司 さん

家族同士のつながりをつくれると良いですよね。
忙しくても1日の中で必ず家族の顔が見れるよう工夫されてるとか。

さまざまな間取りに応えるプラン多数ご用意!

PLAN03
-2

オープンな棚で
ゆるやかに
仕切る、
ほどよい距離感。

見る
見る
PLAN03
-3

廊下に収納を兼ね備えた
ベンチや本棚を設置。
みんなのおうち図書館。

見る
見る
PLAN03
-4

おやすみ前や目覚めた時に
ママがひとりになって
ひと息つける空間。

見る
見る
リビングショウルーム お近くのショウルームで新しい暮らしを体験リビングショウルーム お近くのショウルームで新しい暮らしを体験
住まいの設備と建材住まいの設備と建材

Panasonicの住まい・くらし SNSアカウント

  • すむすむ公式 Facebook
  • すむすむ公式 Twitter
  • すむすむ公式 Instagram
  • すむすむ公式 Youtube
  • パナソニックの住まい・くらし方情報