ここから本文です。

合理的な構造にするために

チェック図の活用
チェック図

安全な住宅を設計するためには、上下階の柱位置を揃えることがとても大切です。
柱直下率[2階柱のうち、その真下に1階柱がある柱の割合]を50%以上確保していれば、床の不陸事故発生確率が低くなることが、調査結果として明らかになっています。
柱直下率は壁直下率[2階間仕切のうち、その真下に1階間仕切がある割合]と相関関係があります。その関係は、柱直下率(%)+10ポイントがおおよそ壁直下率(%)になります。

この直下率の相関関係を利用して、基本設計では間取り検討時に、壁チェック図を作成し、壁直下率を計算しましょう。壁直下率の計算だけであれば、開口位置や柱位置を検討する前に行えます。
計算の結果、60%未満の場合は、間取りを変更しましょう。その際には、長い赤マーカーの線が少なくなるような変更案を検討します。
直下率も大切ですが、チェック図では問題点が視覚的に分かりやすいので、その改善にも役立てて下さい。
間取りが良ければ、伏図で問題が起きることはほとんどありません。ぜひ、チェック図を安全な設計のために活用してください。

出典:安全な構造の伏図の描き方
(著:NPO木の建築フォラム 現代木割術研究会)


事故発生確率や柱直下率と壁直下率の関係については、
この書籍をご覧ください。

>> 詳しくはこちら

あこがれの「住まい」を考えるヒントや、日々の暮らしを少しの工夫でより快適にする情報などをお届けしています