住宅リフォームのヒント集

一覧

TOP

2018/08/31

カスタマイズできるドアで、部屋の印象を変えるリフォーム

ドアのデザインや色を変えるだけで、ダイニングがカフェスタイルになったり、リビングがアンティークなテイストになったり、部屋の印象は大きく変わります。ドアも変えて、自分らしい空間にチャレンジしませんか?

お部屋のインテリアテイストを大きく変えるドア

壁紙を張り替えたり、カーテンを変えたりするように、ドアも変えてみませんか?例えば、開き戸を引戸にすることで掃除がしやすくなったり、左右の開きを入れ替えることで動線がスムーズになったり、照明のスイッチが使いやすくなったりします。機能性だけではなく、ドアはインテリアとしても存在感があるので、色やデザインにこだわることで、部屋の雰囲気をガラリと変えることができます。

海外ドラマで見たあのドアも、わが家に気軽に取り入れて

海外ドラマに出てくるようなデザインのドアにしてみたいけれど、探すのはちょっとハードルが高め。パナソニックの「ベリティス クラフトレーベル」のドアなら、ナチュラルテイストのドアや、アンティークテイストの採光部デザイン、クラシックな家具とも相性のいい幅広の「ケーシング枠」のドア枠など、ディテールまでこだわれます。自分の好きな色にペイントすることも可能です。

こだわりのドアデザインからインテリアにあわせて選んで

ベリティス クラフトレーベルのドアは、欧米のドアに多い、框(かまち)組みを再現したデザインが豊富。6枠に仕切った手の込んだ造りを感じさせるものや、採光ガラスを上部にはめ込んだもの、腰より上を格子ガラスにしたものなど多彩。部屋ごとにデザインを変えて、ミックステイストを楽しんでも。

自分好みの色にペイントして空間アレンジ

通常、ドアはブラウンなどが定番カラーですが、ベリティス クラフトレーベルのドアは、市販の塗料で好みの色にセルフペイントできます。

  • ※ペイントができるのは、ワイルドオーク柄の開き戸のみ。

白系のインテリアにライトグリーンのドアでシャビーシックな印象にしたり、重厚感のあるネイビーカラーで、ホテルライクな雰囲気にしたり。ドアの色を変えるだけでインテリアの印象が大きく変わります。

ハンドルや採光部のデザインを選んでディテールにもこだわって

せっかくドアを変えるなら、意識したいのがハンドルや採光部のデザイン選び。部屋の用途に応じた使いやすさはもちろんですが、ハンドルなら真鍮色やオフブラックなど色を選ぶことでオシャレ度がグンと増します。また採光部は、光の反射が繊細な印象のものやアンティーク家具にあうタイプなどデザインも豊富。市販のプレートを付けることもできるので、アンティーク風にドアを飾ってもいいですね。

壁紙とコーディネイトして空間デザインをセンスアップ

ブリックタイル風の壁紙にブラックのドアや、小花柄の壁紙にグリーンのドアでアンティークな風合いを出すなど、ドアと壁紙・床をコーディネイトすると、空間づくりがさらに楽しくなります。個性的な壁紙を引き締めるカラーにドアを塗ってもいいし、好きなドアにあわせて壁紙を選んでも。

ドア枠だけ白にしたり幅広にしたり、細部までこだわった空間づくりができます。

収納扉もそろえて自分好みの空間デザインを完成させて

ドアだけでなく「ベリティス クラフトレーベル」は収納扉もラインアップ。色やデザイン、ディテールにも統一感のあるスッキリとした空間がつくれます。収納スペースにあわせて、折れ戸と開き扉が選べます。

人気記事ランキング

関連キーワード