住宅リフォームのヒント集

一覧

TOP

2016/4/28

料理が楽しくなる!マイベストキッチンをリフォームで手に入れよう

料理や片づけをテキパキこなして、余裕たっぷりで腕をふるえるキッチンがあったらいいな。そんな夢を叶えるためには、リフォームがチャンス。動線や収納、調理機器などポイントを押さえて、マイベストキッチンを手に入れましょう!

サッと手の届くところにしまえば、すぐ取り出せる

料理中は作業をしながらモノを取り出すことが多くなります。そこで大切なことは、サッと手の届くところに必要なモノがしまってあり、すぐに取り出せること。調理器具が手元でサッと取り出せる、調味料が目の前にあって、すぐに選べることなど。スピーディな作業をサポートする収納計画が、キッチンリフォームには欠かせません。キッチン本体の収納もそうした観点でチェックしましょう。

スライド式収納は、適度な仕切りがポイント

最近のキッチン収納の主流はスライド式。かがまなくても上からモノの出し入れができ、取り出しやすく、しまいやすいのが特長。でもいつのまにか雑に収納されていると、取り出すときに手間がかかってしまいます。そうならないための工夫は、いかに整理しやすい引き出しになっているかです。引き出しの手前にしまうもの、奥にしまうものが明確に区分できて、中が適度に仕切られていることなどが、ポイントになるでしょう。仕切りは、位置を変えられたり、取り外せたりするとさらに便利です。

吊戸棚が電動昇降式なら、背伸びも踏み台もいらない

キッチンの吊戸棚もいちいち背伸びしたり、踏み台を使わないといけないようでは、手間もかかるし、踏み台は危険も伴います。でもボタン一つで目の前に下りてくる収納「電動昇降ウォールユニット」なら、中身も一目瞭然で、必要なものがサッと取り出せますね。これまで使いにくいと思っていた吊り収納も、これで有効活用できます。

上手に使うと料理の手順が一気に進歩する3口ワイド

これまでの3口コンロといえば、三角形にコンロが並ぶもので、鍋同士がぶつかって使いにくい面がありました。でもトリプルワイドなら、3つの鍋を横にゆったり並べて置け、3品同時に調理するときも快適。また、案外見過ごされているのが、コンロ前のスペースのゆとり。ここに調理前の食材を置いたり、盛りつけに使ったりと重宝します。コンロ下に計量スプーンなどの小物を収納できる引き出しがあれば、スピーディな作業をサポートしてくれます。

意外に知られていないコンセント位置の重要さ

炊飯器をはじめキッチンで使う家電は多種類。でもコンセントが手を伸ばさないと届かないところに設けられているケースがよくあります。また奥にあると延びたコードが邪魔になりがち。手元にコンセントがあると、使いたいときに調理家電をサッと使えて便利です。手元に設ける場合は、水が垂れる可能性があるので、水からコンセントを守る工夫がされていることもポイントです。

さわらないで出したり止めたりできる水栓って、便利でエコ

調理しながら水を出したり止めたり水栓にさわらずできるセンサー付きの水栓。レバーをひねる手間がかからないし、手が油などで汚れていても平気。しかもこまめに出水・止水できるので、節水にもなります。食器洗い乾燥機に入れる前の予備洗いにも便利で、より節水が可能になります。便利さとエコ、2つを兼ね備えた優れものです。

大火力グリルで、ぐんと広がるレパートリー

おいしい料理を手早く実現するのが大火力のIHグリル。上下ヒータのうち、上が遠赤外線1.2kW、下が2.5kWのIHヒータの「大火力ラクッキングリル」なら、グリル皿を一気に加熱し、すばやく焼き上げてうまみを封じ込めます。それがおいしさの秘密。

さらにグリル庫内で使えるお鍋「ラクティブパン」があれば、自宅で燻製ができます。こんなグリルがあれば、レパートリーも一気に増えますね。

人気記事ランキング

関連キーワード