住宅リフォームのヒント集

一覧

TOP

2015/07/13

無理しないで節電できるの?電気設備にまかせてラクラク節電

大好きなわが家でのんびり、そんな暮らしもいいものです。でも家にいる時間が長ければ、冷暖房・照明などの電気代が気になります。自然エネルギーを上手に使いながら、電気設備で無理せず節電する暮らしを考えてみました。

電気代を削減したい。無理のない節電でわが家をくつろぎ空間に

定年を迎え、ゆったり過ごす一番のくつろぎ空間はわが家かもしれません。ずっと家にいると、気になるのが電気代。自宅で電気をつくって、かしこい設備で無理せずに節電。暑さや寒さを気にせず、いつでも快適なわが家で最高のリラクゼーションタイムを過ごしませんか。

節電+売電はWでお得。太陽光発電の魅力

節電も大切ですが、家計のために電気をつくることにもチャレンジしませんか?太陽光発電システムは、普段の家の電気に使えるだけでなく、つくった電気を売ることができます。太陽光発電システムでどの程度発電しているか、使っている電気がどのくらいかモニターでわかるので、消費する電力も気になるように。家族のエコ意識が高まるのもうれしい効果です。

電気自動車と太陽光発電システムでエコにおでかけ

小旅行に買い物に、セカンドライフは楽しみがいっぱい。ガソリン代を気にせず、外出できる電気自動車を購入したら、太陽光発電システムの導入も検討しましょう。太陽光発電システムで発電した電気を電気自動車に貯めることができます。さらに、電気代の安い深夜電力を利用して、貯めた電気を昼間に使うこともできるおトクな生活に。家計のために、電気自動車と太陽光発電システムはセットで考えましょう。

電気のムダ使いのチェックはHEMSにお願い

最近、耳にするようになったHEMSという言葉。家庭の電気が何にどの程度使われているかわかるようにモニターに表示したり、家電を外出先からコントロールできたりする仕組みです。電気の無駄遣いがひと目でわかるので、家族の節電意識が高まり、消し忘れたエアコンを外からOFFにすることもできます。近い将来、時間帯別の電気料金が導入される予定です。HEMSがあれば、電気代が高い時間帯はエアコンの温度設定を抑えるなど、自動的に家電を省エネ運転してくれるようになります。

読みやすく、居心地よくはもちろん、照明計画で節電も

手元が暗いと小さな文字が読みにくかったり、細かい作業に苦労したり。だからといって部屋全体を照明で明るくすると、電気の無駄遣いになってしまいます。リフォームのときは採光がよくなるよう工夫するだけでなく、部屋や場所ごとに必要な明るさを考えましょう。部屋の中に複数の照明を設置して、必要な場所だけつけるようにすれば、節電につながります。

災害時で不安な時こそ、安心のわが家で過ごしたい

リフォームで、住まいの耐震性を重視する人が増えています。でもそれだけで十分でしょうか。万一、大規模な災害で停電が続いたら、テレビが見られなかったりスマートフォンが充電できず、情報が遮断されるおそれがあります。まわりの状況がつかめないのは本当に不安。太陽光発電システムと家庭用の蓄電池を組み合わせれば、長時間の停電でも電気が使えるので安心です。もちろん照明や家電なども使えるので、停電時の不便も解消します。

人気記事ランキング

関連キーワード