ここから本文です。

200Vオーブンの基礎知識

200Vビルトインオーブンと100V卓上オーブンとの違いを教えてください。
200Vはパワーが100Vの約2倍なので、スピーディに調理できます。たとえば250℃の予熱の場合、100Vなら約14分かかりますが、200Vなら約6分です。グラタンなら100Vで約20分かかるところを200Vなら約12分で焼きあがります。ビルトインタイプは庫内も広く、横長や高さのある食材も余裕で調理。一度にたくさん焼きあげられます。
電子レンジ機能はついているのですか?
もちろんついています。1000Wインバーターであたためもスピーディです。ターンテーブルのないフラットな庫内、ラップなしでもおいしくあたためるスチーム機能など、レンジ機能も充実しています。
200V電気オーブンは100Vに比べ電気代が2倍になるのですか?
100Vと比べると、電圧は2倍ですが、2倍の電気を使うわけではありません。同じ仕事をする場合、使用時間は約半分。電気代はほとんど変わらず、効率もよくなります。また「ガスに比べて電気代は高い」というイメージもありますが、実際は熱効率が高いため、スピーディで経済的。また、レンジ使用時も電圧は2倍ですが電流は1/2なので電気代は変わりません。「オール電化」にすれば、光熱費の節約ができます。
■山形食パンを焼いたときのコスト比較
卓上タイプで200V仕様はありますか?
現時点ではありません。
火力はガスオーブンに比べて弱くないですか?
200V電気オーブンの予熱時間は、ガスオーブンとの比較ではほぼ同等です。(庫内温度が250℃になるまでの予熱時間は約6分です。)
ビルトインタイプって何?
主にシステムキッチンに組み込むタイプのことです。(一般流し台に設置する場合もあります。)一方、据え置き(卓上)タイプは、カウンター等の上に置いて使用するものです。
200Vにもビストロってあるの?
NE-DB901シリーズは200Vビルトインビストロです。
2段調理はできるのですか?
200Vハイパワーの熱風循環方式(コンベクション)で庫内すみずみまで熱風を行きわたらせますので、たっぷり2段調理が可能です。
操作はむずかしいのですか?
ボタンやメニュー文字の光が点滅、点灯し、次の作業をお知らせするネクストサイン機能つきで、初めての方でもスムーズにお使い頂けます。
お手入れには手間がかかりますか?
お手入れ機能つきです。スチームで庫内の油汚れなどを浮かせて拭きとりやすくしたり、においが気になる時は、高温でにおいを焼ききることができます。
「過熱水蒸気」とは何ですか?
一般的には、100℃を超える水蒸気を過熱水蒸気といいます。ただし、庫内温度により食材にあたる温度が常に100℃以上になっているわけではありません。