雪に対する設計のポイント「雪対策」

一覧

TOP

住宅用雨といの「雪対策」には、「吊具の取り付け間隔」と「軒といの取り付け位置」が特に重要なポイントです。
軒といには、軒とい上の積雪だけでなく屋根上の雪のすべり荷重、巻きだれの荷重が掛かる場合もあります。
積雪荷重による軒といの変形、割れ、脱落、吊具の曲折などのトラブルを防ぐためには「各地域の積雪の実況」に応じて
「吊具の取り付け間隔」と「軒といの取り付け位置」を考慮しなければなりません。

1.適用範囲

●一般地域・中雪地域(おおむね年間平均最深積雪量30〜100cmの地域)と多雪地域のうち、
おおむね年間平均最深積雪量100〜150cmの地域に適用します。

●多雪地域のうち、おおむね年間平均最深積雪量150cmを超える場合はケイミュー(株)営業所までお問い合わせください。

2.積雪荷重の計算とその地域における垂直積雪量

●積雪荷重の計算は建築基準法施行令第86条
「積雪荷重は、積雪の単位荷重に乗じて計算しなければならない。」
によって、計算します。

●その地方における垂直積雪量は、建築基準法施行令第86条第3項
平成12年建設省告示第1455号 多雪区域を指定する基準
及び垂直積雪量を定める基準を定める件 第二に基づき設定してください。

  • ・建築基準法施行令第86条第3項
     「垂直積雪量は、国土交通大臣が定める基準に基づいて
     特定行政庁が規則で定める数値としなければならない。」
  • ・平成12年 建設省 告示 第1455号
    多雪区域を指定する基準及び垂直積雪量を定める基準を定める件
    「垂直積雪量を特定行政庁が定める基準は、
    市町村の区域(当該区域内に積雪の状況の異なる複数の区域がある場合には、
    その各々の区域)について、次に掲げる式によって積雪量を求め、
    当該区域における局所的地形要因による影響などを考慮するものとする。
    ・・・(以下略)」

●概略は右図を参照してください。

3.地域別の「金具(吊具、吊金具、受金具)の取り付け間隔」標準

※各地方の垂直最深積雪量に応じて、上表を参照してください。
(注)積雪地(中雪地域、多雪地域)では、必ず屋根面に「雪止め」を取り付けてください。
(注)S瓦・和瓦など谷部が深い瓦の場合は、谷部を避けて金具(吊具、吊金具、受金具)を取り付けてください。

4.積雪地(中雪地域、多雪地域)での「軒といの取り付け位置(軒先納まり)」標準

5.その他の「雪対策」:下記の対策をとると「雪」に対して、より安全です。

雨といの形状による「雪対策」

●屋根の積雪を受けにくい形状の雨とい(平行樋など)を選定いただくとより安全です。

※1 マルチカバーⅠ型につきましては従来のスノーカバーを呼称変更したものです。

軒とい金具の選定による「雪対策」

●「積雪地対応金具」を使用してください。
●金具の取り付け間隔をできるだけ狭くしてください。

軒とい破損防止のための「雪対策」

1. 屋根面に「雪止め」を取り付ける。(積雪地では必須
2. 雪害を受けやすい屋根形状位置は、金具の打ち付け間隔を狭くし強度をもたせる。積雪荷重により、雨といや建物を傷めるおそれがあります。
3. 特に屋根延長線上から出てしまう部材(集水器等)は、雪害を受けにくい位置に設置するか、銅線かステンレス線で吊り補強してください。
4. 軒先部や雨とい内面に「融雪ヒーター」を取り付けてください。