ここから本文です。

住宅ローンを借りる

借りる目的によって、さまざまな種類の住宅ローンがあります

住宅ローンは、新築住宅の建設や購入、中古住宅の購入、リフォームなどの目的によってローンの種類が分かれています。金融機関によって、さまざまな種類が用意されているので、目的にあった住宅ローンを選びましょう。

新築住宅の建設・購入

家を建設したり、新築の一戸建てやマンションを購入するためのローン。借りるためには条件があります。

中古住宅の購入

中古住宅の一戸建て、マンション購入のためのローン。フラット35では、人が住んだことのある住宅、築後年数が2年を超えている住宅を中古住宅としています。

リフォーム

住宅の改修や新たな設備機器の設置のためのローン。新築住宅のローンと同じものや、リフォーム専用のローンがあります。

つなぎ融資

住宅ローンを申し込んだ金融機関から、融資金を受け取るまでの間に一時的に借りるローン。つなぎ融資で、物件の代金を一旦支払い、自分名義にします。その物件を担保に実際の融資を受けとります。

この内容は、2017年6月30日現在のものです。
掲載している内容については、変更になることがありますので、利用前には、最新情報を確認してください。

あこがれの「住まい」を考えるヒントや、日々の暮らしを少しの工夫でより快適にする情報などをお届けしています