サービス付き高齢者向け住宅とは

サービス付き高齢者向け住宅とは、ご高齢者が安心して暮らし続けられるように、バリアフリー構造など、国が定めた一定の要件を満たし、都道府県の審査を受けた賃貸住宅です。

基本のサービス

Basic Service

安否確認

お部屋の訪問などを通じ、状況把握や安否確認を行います。

生活相談

介護や生活に関する相談、ご家族との連絡などの調整を行います。定期健康診断は、提携医療機関をご紹介します。

その他

体調不良時のご家族への連絡や往診依頼、救急車要請など。

必要に応じて受けられるサービス

Option Service

食事

朝、昼、夕の3食をご利用いただけます。
(有料)ソフト食やミキサー食など、えん下状態に合わせた食事をご準備いたします。

介護

建物内に小規模多機能型居宅介護を併設。要支援、要介護の認定を受けられた方は、介護保険サービスをご利用いただけます。
※希望の他事業所をご利用いただくことも可能

医療

提携医療機関の訪問診療や、外部の訪問看護サービスを受けることができます。
※外部機関と別途契約が必要

緊急時もスタッフが協力機関と
連携し、迅速に対応。

エイジフリーハウスの連携協力機関エイジフリーハウスの連携協力機関

医療機関のバックアップで
次のような方の受入も可能です。

  • ● 認知症
  • ● 看取り
  • ● 人工透析
  • ● 在宅酸素
  • ● 床ずれ
  • ● ストーマ装置
※その他の症状のご相談も承ります。

介護付有料老人ホームとの違い

介護付有料老人ホーム サービス付き高齢者向け住宅エイジフリーハウス
入居要件

ご高齢者(自立・要支援・要介護)

  • ● 60歳以上の方、もしくは要支援・要介護認定を受けている60歳未満の方
  • ● 自傷他害のおそれのない方
  • ● 身元引受人をたてることのできる方
法定の提供サービス ①入浴・排泄・食事の介護 ②食事の提供 
③洗濯・掃除などの家事 ④健康管理
のいずれか
状況把握(安否確認)・生活相談サービス
主な契約形態 入居契約 賃貸借契約+生活支援サービス契約
主な居住部分の
権利形態
利用権(賃借権もあり) 賃借権
設備等
  • ● 居室は、13㎡以上
  • ● 食堂、浴室、トイレ、洗面設備、談話室、汚物処理室、機能訓練室、健康施設など
  • ● 居室は、18㎡以上
  • ● 台所、浴室、洗面設備、収納など
  • ● バリアフリー構造(廊下幅・段差解消・手すり設置)
一般的な利用料の
支払い方式
前払い方式
(入居一時金をとることが多い)
月払い方式
(入居一時金なし、敷金は家賃の3ヵ月分 ※1)
介護サービスの提供方法
(介護保険法)
特定施設入居者生活介護(特定施設)を利用
(特徴:定額制・パッケージ)
外部もしくは併設の介護サービスを利用
居室数 30室以上が多い 18~20室 ※2
月額費目安
(介護サービス除く)
8~78万円 14~22万円 ※2

※1 牧方津田・香里・牧野は2ヵ月分
※2 南烏山、吹田健都除く