ここから本文です。

マンションリフォーム事例/CASE 002

永住を決めたら、終の棲家は明るく居心地よく。

ご主人が60代を迎え、終の棲家を考えた結果、「今のマンションに永住しよう!」と決意されたH様。「これが最初で最後のリフォーム」と心に決めてプランを練り、大満足の住まいができあがりました。

Before

とにかくモノが多くて片付かず、収納にお困りでした。
設備の老朽化も気になられ、ライフスタイルに合わせて水まわりを充実させてインテリアに統一感を持たせたいと、お考えでした。

1

広く明るく見える空間にしたいと、インテリアを白で統一。花やコレクションの置物が白い空間によく映えています。

User’s Voice

既築住宅や設備のショウルームを見て回るのが大好きなんですが、あるとき「パナソニックがいちばんいい!」と気づき、ショウルームに20回以上通いました。パナソニック製品でリフォームしていただくなら、やっぱりリファインさんですね。スタッフのみなさんもいい方ばかりで、私が最後の最後まで扉の色を迷ってもやさしく見守ってくださいました。
(千葉県 H様)

2

昔からあこがれだったというパナソニックのキッチン。「IHクッキングヒーターは、さっとひと拭きするだけでいいのでラクですね。収納棚は、震度5弱の地震にも扉の耐震ロックが働き、モノはまったく落ちませんでした」

とっておきポイント収納量たっぷり!ボタンひとつで上下します。

3

以前はキッチン上部の収納に手が届きませんでしたが、電動昇降ウォールにしてとても使い勝手がよくなりました。洗い物の水切りやタッパーウェアの収納に毎日フル活用!

4

玄関収納<コンポリア>はたっぷり収納できるのに見た目スッキリ。家族4人分の靴をきれいに収納できます。

5

白で統一された建具と壁が美しい奥行きを演出。ライトブラウンの床も軽やかで、室内全体に明るい印象を与えています。

6

夫婦共働きで会社勤めの娘さんが2人いらっしゃるため、朝は戦争状態。思いきって洗面化粧台を2台設置することで、家族の動線がとてもスムーズになりました。

7

洗面化粧台<ラシス>のシックなデザインがお気に入り。たっぷりの収納で、家電製品がスッキリ納まります。

Data

●築年数
:約23年
●工事面積
:約100m2
●施工期間
:約75日
●総費用
:約1,400万円
●家族構成
:1世帯4人
●リフォーム部位
キッチン、リビング、ダイニング、浴室、洗面、トイレ、居室、玄関
●採用商品
キッチン:リビングステーション
洗面化粧台:ラシスウツクシーズ
リビング収納:キュビオス
玄関収納:コンポリア
内装ドア:リビエ床材:ウッディF

おすすめ関連商品

  • キッチン リビングステーション
  • 洗面化粧台 ラシス
  • 収納 キュビオス
  • 床材 ウッディA45 耐熱 リアロ (集合住宅用)