【オンライン参加】企画展連動セミナー “現代版枯山水”のある暮らしの楽しみ方

予約不要
住まい・暮らし相談 リフォーム・リノベ セミナー オンラインイベント その他

「不完全の美」「生命の証」をテーマに、造形美あふれるガラス作品を制作し、国内外の評価
を得ている西中千人(ニシナカユキト)氏。心の安らぎと同時に、命のつながりや資源循環によ
る持続型社会を提言する、“現代版枯山水のある暮らしの楽しみ方”を伺います。
ガラスの枯山水を楽しめる我が家を想像してみてください。

【オンライン参加】企画展連動セミナー “現代版枯山水”のある暮らしの楽しみ方

開催日時

2021年02月21日(日)  14:00 ~ 15:00

講師・プロフィール

ゲスト:西中 千人氏(ガラス造形作家)
モデレーター:枝澤 佳世氏(アートのある暮らし協会代表理事)

西中 千人氏(ガラス造形作家)プロフィール

ガラス造形作家。1964年和歌山市生まれ。
星薬科大学薬学部卒業後、薬剤師免許取得。
カリフォルニア美術大学で彫刻とガラスアートを学ぶ。

「命の煌めき・再生」をテーマに、古の日本の美にインスパイアされた独自のガラス表現を追求。代表作は金継の美意識を礎とした「ガラスの呼継」と命のつながりをメッセージとした「ガラスの枯山水」。
近年は資源循環で持続型社会を目指すアート( SDGs x ART)に取り組む。
パリ装飾美術館「ジャポニスムの150 年展」(2018年)、香港大学美術博物館「藝流不息展」
(2019年)やイギリス、フランス、アメリカ、香港のアートフェアに毎年出品。2019年に創作活
動歴30年を迎えた。
第1回ガラスの美展in 薩摩大賞、WIRED 主催
CREATIVE HACKAWARD 2013 グラフィック賞、ドイツWorld Media Festivals 金賞等受賞。
世界初リサイクルガラスの枯山水「つながる」を2019年5月京都法然院に奉納。

毎年約2ヶ月間日本を離れ、自分を見つめ直し過去の集積をリセットする旅に出る。
世界54ヵ国を巡った異文化体験は創造力の源。「未来の伝統を今、作る」を哲学として活動。
2002年千葉県茂原市に工房を築き、以後都市生活との程よい距離を保っている。

当日の配信方法について

当日の配信はインスタグラムライブでの開催となります。
下記URLよりご視聴ください。
(事前にインスタグラムアプリのダウンロードが必要となります)

https://www.instagram.com/sumai_panasonic/

その他、注意事項

◆定員  人数制限なし  WEB申込 不要 ※インスタグラムライブ配信(参加費無料)

開催場所

TOKYO リノベーション ミュージアム(TRM)
〒105-8301 港区東新橋1丁目5番1号 パナソニック東京汐留ビル1F
イベントに関するお問い合わせ:0800-170-3815

お申し込みは不要で参加できます。

Panasonicの住まい・くらし SNSアカウント