住宅ストック循環支援事業補助金

一覧

TOP

住宅のエコリフォームの
対象となる工事

1設備エコ改修

対象の設備エコ改修5つのうち3つ以上の工事の実施が対象となります。

■〈エコリフォーム〉パナソニックの住宅ストック循環支援事業登録予定商品

エコ住宅設備 登録予定商品 品番リスト
(PDF)
エコ住宅設備の要件
節水型トイレ 新型アラウーノアラウーノSIINewアラウーノV PDFにリンク JIS A5207:2011に規定する「タンク式節水Ⅱ形大便器」または「洗浄弁式節水Ⅱ形大便器」もしくは、JIS A5207:2014に規定する「タンク式節水Ⅱ形大便器」または「専用洗浄弁式節水Ⅱ形大便器」と同等以上の性能を有すること
高断熱浴槽 保温浴槽II
Lクラスリフォムスオフローラアーキ・スペックFUROFZMR-Xi-X
  • ※全て断熱組みフタをセットにすることが要件
    ジェットバスは対象外、酸素美泡湯は対象
PDFにリンク JIS A5532に規定する「高断熱浴槽」と同等以上の性能を有すること
高効率給湯機
(エコキュート)
JP、J、X、N、S、FP、F、L、W、B、Vシリーズ PDFにリンク JIS C9220に基づく年間給湯保温効率、または年間給湯効率が3.0以上であること
(ただし、寒冷地仕様は2.7以上)
節湯水栓
キッチン
カチット水栓搭載の水栓(全シリーズ)
②洗面
カチット水栓搭載の水栓
ウツクシーズラシスシーライン
バス
サーモ式シャワー水栓(全シリーズ)
Theシャワー(全シリーズ)
※らくピタ水栓は対象外
PDFにリンク 「住宅・建築物の省エネルギー基準及び低炭素建築物の認定基準に関する技術情報」に定義される節湯水栓で以下の①~③のいずれかの基準を満たすものである
  • ①台所水栓において「手元止水機能(節湯A1)」または「水優先吐水機能(節湯C1)」を有すること
  • ②洗面水栓において「水優先吐水機能(節湯C1)」を有すること
  • ③浴室シャワー水栓「手元止水機能(節湯A1)」または「小流量吐水機能(節湯B1)」を有すること。ただし、吐水・止水操作スイッチ(シャワー)または流量調整部(シャワー)のみの交換は除く

※10月18日時点情報

2開口部の断熱改修

省エネ基準に適合するように断熱改修する工事が対象となります。

3外壁・屋根・天井または床の断熱改修

改修後の各部位ごとに、一定の使用量以上の断熱材を使用する断熱改修が対象となります。

4上記①~③の工事と併せて実施する項目

【国土交通省】住宅ストック循環支援事業事務局

ホームページアドレス http://stock-jutaku.jp

お問い合わせ窓口電話番号:0570-069-888
IP電話からのご利用:03-4334-9252 ※通話料がかかります。

受付時間:月~金/9:00~17:00(土曜、日曜、祝日、年末年始を除く)

パナソニック住宅ストック循環支援事業相談室

フリーコール0120-878-020(IP電話:06-6907-4175)

【受付時間】9:00~17:00(土・日・祝日含む)
FAX:0120-878-548

知ってると得をする住まいづくりのお金や税制、減税制度などを学ぼう。リフォームのお金と減税