住まいの設備と建材 > リフォーム > リフォームの基礎知識 > リフォームのスケジュール

ここから本文です。

リフォームのスケジュール

リフォームをする前に、あらかじめ全体の流れを確認しておきましょう。

リフォームの流れ

リフォームの流れは、大きく「自分たちでする」・「依頼先と一緒にする」・「依頼先(工事会社)に任せる」に分けられます。 全体のスケジュールで、どの時期に、誰が何をしないといけないのかがわかると、事前に準備をすることができます。焦ってやり残しがないように早めに全体スケジュールの把握をしておくことが大切です。

※タブをクリックすると、各部位の点検スケジュールがご覧いただけます。

● 自分たちでする

リフォーム前

ステップ1 計画・検討

計画を立てる際には、何がしたいのかリフォームの目的を明確にすることが大切です。

イメージをつくる

リフォームのイメージを具体化します。お住まいが戸建て、集合住宅、構造の違いによってリフォームの自由度が変わります。

リフォームの範囲を決める

リフォームは、設備の変更やバリアフリー対応などの部分リフォームから、間取り変更や耐震リフォームなど家全体のリフォームまでさまざま。範囲を決めておくことで、資金計画が立てやすくなります。

情報を収集する

リフォームに関する情報は、書籍やインターネット、カタログなどさまざまな情報源があります。できるだけ幅広く集めておきましょう。

ステップ2 資金計画

リフォーム費用は、自己資金なのか、住宅ローンを借りるのか、
資金に余裕のある計画を立てましょう。

資金計画を立てる

自己資金が不足する場合は、住宅ローンが利用できます。リフォームローンにも、限度額がありますので、注意が必要です。また、贈与税の活用や、補助金・助成金などの情報も集めておきます。仮住まいをする場合の費用や、工事に入ってから思いがけない費用が発生することがあります。事前にどんな費用が発生するのか確認しておきましょう。

ステップ3 依頼先選び

依頼先は、リフォーム専門の会社をはじめ、ハウスメーカー、工務店などさまざま。
施工例を見学するなど、情報を集めましょう。

依頼先を決定する

数社に絞ったら、自分の希望するリフォーム内容を相談し、費用だけでなく納得のいくリフォームができるところを総合的に判断しましょう。

● 依頼先と一緒にする

プランニング・見積り

ステップ4 事前調査

リフォーム内容をしっかり決めるためには、この期間が大切です。現場の確認は、リフォーム内容にともなう建物・設備などの確認とともに、採寸や写真撮影などを行います。

調査内容の確認

専門的な調査は、依頼先が行いますが、調査内容は、この時にしっかり確認しておきましょう。ここで依頼先に自分の希望をしっかりと伝えておくことで、後々追加工事など問題が起こりにくくなります。

管理組合への連絡(マンションの場合)

図面や管理規約をチェックしておきましょう。リフォーム内容に制限がある場合がありますので、早めの確認が必要です。また、工事時間や曜日などの制約がある場合があるので、管理組合への確認が必要です。

ステップ2 資金計画

実施プランがまとまったら、最終チェック。
工事が始まってからの追加、変更などの対応については、事前に確認しておきましょう。

プランの詳細を決める

実際の空間で、プランを見ながら家具の配置や、家電製品の置く場所を確認しましょう。コンセントやスイッチの位置、数も事前に考えておきましょう。

●間取りを考える

ステップ6 見積り・契約

リフォームに使用する設備や部材に基づいた最終見積り内容を確認し、契約へ進みます。

見積書の確認

図面と見積書を照らし合わせて見積額の確認。見積書に記載されている商品は、カタログだけでなく、ショウルームなどで実際のものを見て、色やサイズを確認しておきましょう。

融資の確認

ローンを借りる場合は、契約前に手続きの確認をしておきましょう。

工事請負契約

契約内容の確認(工事内容・支払条件・工事日程)、重要事項の説明をうけ、契約を締結します。

● 依頼先(工事会社)に任せる

依頼先(工事会社)に任せる

ステップ7 実施時期・着工前の打ち合わせ

着工前には工事日程やリフォーム内容についての説明を受けます。
仮住まいが必要な場合は、引越しの準備もしておきましょう。

申請書類の確認

建築確認申請が必要な場合は手続きを行います。マンションの場合は、管理規約を確認し、必要な手続きを行いましょう。

挨拶まわり・届出

工事中はニオイや音がすることがありますので、リフォーム工事会社と一緒に近所への挨拶をしておきます。マンションの場合は、管理組合への届出が必要です。

追加・変更の確認

工事中に変更が出てしまったり、解体後に工事内容を変更しなくてはならなくなった場合の追加の費用も工事前に確認しておきます。

ステップ8 工事着工

工期の確認、荷物の整理、引越しの手配などを済ませます。
工事中は、スケジュールどおり、または図面どおりに進んでいるかチェックしましょう。

荷物の扱い

工事期間中の家具や荷物の移動、ピアノなど、大きなものは仮に移動する場所が必要かもしれません。確認しておきましょう。

工期の確認

着工、完成する日時とともに、工事の開始時間と終了予定時間などを確認しておきましょう。リフォーム会社の都合で工期が延びた場合など、補償はどうするのか、工事前にきちんと確かめておきましょう。

現場確認

工事中は現場を確認し、スケジュールどおり、または図面どおりに進んでいるかチェックします。電気配線や給排水の位置の確認も含めて、中間的な総合チェックをしましょう。変更があれば書類に残しておきます。工事変更に伴い費用が変わる場合には、再度見積書を提出してもらい、契約変更を行いましょう。

ステップ9 完成・引越し/メンテナンス

図面にもとづいて、施工されているか点検します。
最終の工事完成を確認、工事代金の支払いをします。
アフターサービスの確認もしておきましょう。

仕上がりの確認

仕上がりの不具合や傷などをチェックします。不具合があれば、手直ししてもらいます。工事完成後に受け取る図面、契約書、保証書、取り扱い説明書などの書類はまとめて保管しておきましょう。

メンテナンス

適切なメンテナンスで、住まいは長持ちします。お住まいの点検の時期を確認しましょう。