Webサイト改善のため
アンケートにご協力ください
(30秒ほどで終わります)

Q1. あなたご自身について、
お答えください

介護保険で快適リフォーム

介護保険では、要支援・要介護度区分に関わらず、住み慣れた自宅で暮らすために必要な手すり工事などの特定の介護リフォームにかかった費用(住宅改修費)の支給を行う制度があります。

改修

住宅改修費支給/ 介護予防住宅改修費支給

最高20万円

(自己負担1 割)を上限に
住宅改修の費用が支給されます。

申請方法など、
くわしくはこちら!介護リフォームの流れ

※サービス利用にあたっての自己負担額の割合は、所得に応じて異なります。
お住まいの行政より発行されている介護保険負担割合証でご確認ください。

もう一度利用できる場合も!

介護保険が適用される住宅改修

1
手すりの取り付け
浴室
浴室
階段
階段
トイレ
トイレ
外構
外構
2
床段差の解消
出入口の段差をなくして、つまずきや転倒を防ぎます。
出入口の段差をなくして、つまずきや転倒を防ぎます。
より安全にまたげる高さの浴槽に交換します。
より安全にまたげる高さの浴槽に交換します。
3
床または通路面の材料の変更
滑りにくい、ざらつきのあるタイルで転倒を予防します。
滑りにくい、ざらつきのあるタイルで転倒を予防します。
飛び石があるアプローチをコンクリートに。
飛び石があるアプローチをコンクリートに。
4
引き戸等への扉の取替えと引き戸等の新設
軽い引き戸と広い開口幅なら車いすもスムーズに出入りできます。
軽い引き戸と広い開口幅なら車いすもスムーズに出入りできます。
5
洋式便器等への便器の取替え
立ち座りがつらい和式便器から洋式便器に。足腰への負担を軽減します。
立ち座りがつらい和式便器から洋式便器に。足腰への負担を軽減します。
6
その他

15の住宅改修に付帯して必要となる住宅改修

  • 通路などの傾斜解消
  • 扉の撤去
  • 転落防止柵の設置
パナソニックのエイジフリー 介護用品・リフォーム WEBカタログ

ページの先頭へ