居室の介護リフォーム事例

住み慣れたご自宅で快適に過ごすために、手すりの取り付けや段差解消など、住みやすさの工夫を行います。
エイジフリーショップが実施した、主として介護保険が適用された介護リフォームを場所別にご紹介します。

部屋の出入り口・敷居の撤去

部屋の出入り時に敷居の段差でつまずきそうになる。

1足がついていかず、わずかな敷居の段差でもつまずきの原因になりやすいので敷居段差を撤去しました。

敷居の段差を解消。:before

工事費目安(1ヵ所)
2~4万円

敷居の段差を解消。:after

Point!・つまずく原因(段差)をなくしましょう。・体を支えながら、出入りできるようにしましょう。

2車いすの移動をしやすくするため、ミニスロープが設置できます。

車いすの移動をしやすくするため、ミニスロープが設置できます。

工事費目安(幅75cm)
0.65~1万円

部屋の出入り口・扉の改修

ドアの開閉がしにくい。

1開き戸だと、あける時に体が前に引っぱられる。体を前後せずに開け閉めできる3枚引き戸に交換しました。

ドアの開閉がしにくい。:before

工事費目安
20~30万円

ドアの開閉がしにくい。:after

Point!3枚引き戸なら車いすでも出入りしやすい開口幅に。

2開き戸から折れ戸へ交換

開き戸から折れ戸へ交換:before

工事費目安
10~20万円

開き戸から折れ戸へ交換:after

Point!折れ戸は、体の前後移動が少なく、
安定した姿勢で出入りできます。

扉の改修

ドアの開閉がしにくい。

1指先の力が入りにくく、丸ノブが回しにくい。
手をそえるだけで開け閉めできるレバーハンドルに交換しました。

ドアの開閉がしにくい。:before

工事費目安
1~2万円

ドアの開閉がしにくい。:after

2トイレまでの移動を安全にするため、手すりを設置し、扉の開閉をしやすくするため、扉の開閉を逆に変更しました。

ドアの開閉がしにくい。:before

工事費目安
10~20万円

ドアの開閉がしにくい。:after

床の変更

歩行器や車いすで部屋に入りたい。

お部屋でのつまずき防止や、車いす・歩行器を使いやすくするため、畳からフローリングに交換しました。

歩行器や車いすで部屋に入りたい。:before

工事費目安(8畳)
30~40万円

歩行器や車いすで部屋に入りたい。:after

※介護保険、住宅改修費の詳しい給付対象につきましては改修の部位や内容が市区町村により異なる場合がありますので、当店にご確認ください。

※お住まいの状況や、リフォーム内容によって工事費は異なります。

※解決方法は一例です。くらしのお困りは住環境整備のプロ、パナソニック エイジフリーショップにおまかせください。

パナソニックのエイジフリー 介護用品 WEBカタログ

ページの先頭へ