配線計画のヒント おウチ全体編

一覧

TOP

  • 配線計画のヒント おウチ全体編

おウチ全体での配線のポイント

各部屋で使う電化製品や電気設備を考えたら、おウチ全体のことも考えてみましょう。
住まいづくりは、快適で便利なくらしを実現する、またとないチャンスです。一方、毎日使う電気の節約もちゃんと考えておきたいですね。
住んでから「しまった!」ということがないように、また、ライフスタイルの変化にも柔軟に対応できるように、将来のことを考えた計画を
おすすめします。

こんなシチュエーションから、配線計画

【 ブレーカーを増設したら見栄えが悪くなった 】

イメージ画像

電化製品が増えてきて、ブレーカーが落ちるようになった。
後からIHクッキングヒーターを導入した時、分電盤の横にブレーカーを増設しなければならず、見栄えが悪くなってしまった。

普段あまり意識することがない分電盤ですが、各部屋や設備に電気を供給する大切な役割を担っています。
各部屋で使う電化製品や設備を考えて、回路数や容量に余裕をもたせておくことで、将来も柔軟に対応できます。

【 新築したら光熱費が高くなってしまった 】

イメージ画像

新居に引っ越したら、思いの外光熱費が高くなってしまった。

太陽光発電システムを設置しておウチで電気をつくることで、光熱費をおさえることができます。パナソニックの太陽光発電システムは、くもりや雨の日もしっかり発電、長く使えて安心です。

【 節電の方法がわからない 】

イメージ画像

節電はしたいけど、何をどうしていいかわからない。

節電の第一歩は使っているエネルギーを「見える化」することです。パナソニックの「スマートHEMS」なら、電気をよく使う機器や回路がひと目でわかり、効果的な節電対策ができます。

【 テレビの近くにインターネット配線がない 】

イメージ画像

オンデマンド放送が見たい。テレビをインターネットにつなぎたいけど、テレビの近くにインターネットの配線がない。

あらかじめ壁の中にLAN配線をしておけば、家じゅうどこからでも快適にインターネットが使えます。
LAN以外にもテレビ、電話や電源のコンセントをまとめることができ、配線がスッキリ。お部屋の美観を損なうこともありません。