住まいの設備と建材 > すむすむ > くらしスペシャリスト > ももせ いづみさん Vol.1

ネオ家事コラムニスト

ももせさんの顔写真

くらしスペシャリスト#007コラムニストももせ いづみさん

Next

Vol.1 ワーキングママにうれしい「ネオ家事」

「忙しくても楽しく、ちゃんと暮らしたい」。女性たちのそんな願いに応えて、これまでの常識を軽々と突破しながら、斬新なアイディアで暮らしの情報を発信するももせいづみさん。家事への新しいアプローチや自分の時間のつくり方、そして自分を磨き、輝かせる仲間とのネットワーキングについて、お話をお伺いしました。

「時間がなくてもできる家事の方法」を探して。

料理や洗濯、掃除など、その道のプロとも言える「できる人」が発信してきた家事のノウハウや知恵。でも、育児や介護、仕事との両立など、家事をしたくても思うようにできないという場合もあり、ジレンマを抱えがち。ももせさんは「時間がなくても、家事が苦手でも、できる方法を探す」というアプローチを出発点に、誰にでもできる「ネオ家事」を提案しています。「主婦はどうしても、家事の職人さんになってしまいがちですが、家庭全体のマネジャーなのだと考えてみて。ビジネス発想で、どうしたら効率よく仕事できるかという視点を取り入れてみると、家族が参加しやすい方法を考えることもできます。そうすればママの負担感も減り、ハッピーに暮らせますよ」。

話をするももせさんの写真

「働くお母さんは、仕事60%、家事60%しかできていなくても、合わせると120%に。『十分やっている』と自信を持っていいと思います」。

道具選びとその置き場所で、家事はグンとラクに。

マネジャー発想で考え、家族と家事をシェアしやすくするには、「みんなが使いたくなる道具」が大切だそう。「『片手で使えて手が汚れず、使うプロセスが煩雑でなく、出しっぱなしにできるデザイン』が家事用品を選ぶポイントです。みんなが使いたくなるツールを、使いやすい場所に、よく見えるように置いておくだけで、家族が参加しやすくなります。そしてもう一つは、道具も常識にとらわれないこと」。ももせさんは小さなふきんをたくさん使わず、欧米のように大きなリネンを端から順に使っています。大判のものは素敵なデザインのものが多く、楽しい気分になれるそう。「洗濯ばさみにリボンを通したもので留めれば、エプロンとしても使えるんですよ」。

カラフルな柄のエプロンの写真

カラフルな柄がかわいい大きめリネンをエプロンに。

家事道具の写真

ももせさんの「家族が使いたくなる家事の道具たち」。

いろんな柄のふきんの写真

セルロースのスポンジを台ふきん代わりに使うのもおすすめ。

スープジャーレシピの火付け役となった新発想。

子どもたちのお弁当作りも毎朝となると実は大変。包丁やまな板を使わなくても、食材がそろっていなくても、それなりに昼ご飯を充実させる方法がないかと考えたももせさん。そこで思いついたのが、保温効果のあるスープジャーを調理器具として使うアイディアでした。「朝、材料を入れるだけなので、とても簡単。お米と野菜などにお湯を注げば、お昼までにはお粥やリゾットのできあがり。これなら子どもでも一人で作れます。『お弁当はお母さんが作るもの』と決めつけなければ、子どもや夫が家事参加できる可能性は広がります」。旅先のホテルでも、離乳食や介護食作りにも便利だそう。こうしたスープジャーレシピは、ももせさんが火付け役となり、忙しいママに大評判となりました。(全3回シリーズ第1回 本文終わり、2014年12月8日取材)

スープジャーの写真

生のままの白米や雑穀米を入れて調理できるスープジャー。

スープジャー出来上がりの写真

作って3時間後には、熱々のおかゆができあがりました。

レシピの話をするももせさんの写真

スープやパスタ、デザートまでいろんなレシピが楽しめます。

ももせさんの写真

「誰でもできるネオ家事」のスペシャリスト
コラムニスト ももせ いづみさん

暮らしやライフスタイルを主なテーマとする生活コラムニスト。忙しくてもゆるりと楽しく暮らすためのアイディアが男女問わず幅広い世代に支持されている。『季節のある暮らしを楽しむ本』(だいわ文庫)、『調理もできちゃうランチボックス!スープジャーレシピ』(タツミムック)、『「願いごと手帖」のつくり方』(PHP文庫)など著書多数。
http://izoomi-m.com/

「すむすむ くらしスペシャリスト」は、専門家の皆様のライフスタイルや暮らしのアイデアなどを紹介するコンテンツです。ご自身の暮らしに取り入れられる際は、必要に応じ専門家に確認するなど、自らの責任において行っていただけるよう、お願いいたします。また、ご紹介している写真の設備機器等は、パナソニック製以外のものが含まれます。お問い合わせいただきましても、お答えできない場合がありますことを、予めご了承ください。

くらしスペシャリスト #007 ももせ いづみさんご感想をfacebookでお聞かせください

あこがれの「住まい」を考えるヒントや、日々の暮らしを少しの工夫でより快適にする情報などをお届けしています