お疲れ軽減の秘訣は120分のイエナカでじぶんリセットお疲れ軽減の秘訣は120分のイエナカでじぶんリセット

忙しい毎日のくらしの中で、疲れを感じている人が多い中、最高の休息法と言われる「マインドフルネス※」が注目を集めています。日々の疲れを軽くするために、家の中でも自分と向き合い、心を満たす時間をつくってみませんか?

※“今、この瞬間の体験に意図的に意識を向け、 評価をせずに、とらわれのない状態で、ただ観ること”と定義される休息法

「マインドフルネス」を知っているか 「マインドフルネス」を知っているか

FACT1 自分のための時間を作ると疲れを感じにくい FACT1 自分のための時間を作ると疲れを感じにくい

家族とのコミュニケーションも大切ですが、自分のための時間をつくることも大切。 家族とのコミュニケーションも大切ですが、自分のための時間をつくることも大切。

QUESTION! ふだんの生活の中で疲れを感じているか QUESTION! ふだんの生活の中で疲れを感じているか

疲れを感じている約70% 疲れを感じている人と感じていない人とのじぶん時間は約60分の差 疲れを感じている約70% 疲れを感じている人と感じていない人とのじぶん時間は約60分の差

じぶん時間の長さ別に満足度をみると・・・ じぶん時間の長さ別に満足度をみると・・・

家の中でのじぶん時間は120~180分がピーク 家の中でのじぶん時間は120~180分がピーク

家の中でのじぶん時間は120分以上を目安に確保しよう! 家の中でのじぶん時間は120分以上を目安に確保しよう!

FACT2 テレビやネットやSNSだけじゃリラックスできない… FACT2 テレビやネットやSNSだけじゃリラックスできない…

家の中でのリラックス行為 TOP5 1位 コーヒー・お茶を飲む 2位 TV・ビデオ等の視聴 3位 ネット・SNS 4位 お風呂に入る 5位 食事 家の中でのリラックス行為 TOP5 1位 コーヒー・お茶を飲む 2位 TV・ビデオ等の視聴 3位 ネット・SNS 4位 お風呂に入る 5位 食事

テレビや インターネットなど自分にインプットする行為より“入浴”や“美容”といったじぶんをリセットする行為の方が満足度が高い テレビや インターネットなど自分にインプットする行為より“入浴”や“美容”といったじぶんをリセットする行為の方が満足度が高い

おすすめの過ごし方は「入浴・美容リセット」 おすすめの過ごし方は「入浴・美容リセット」

結論 120分のイエナカでじぶんリセットとして入浴・美容を行うことがお疲れ軽減に有効。 結論 120分のイエナカでじぶんリセットとして入浴・美容を行うことがお疲れ軽減に有効。

「入浴・美容リセット」をゆっくり満喫したいなら 「入浴・美容リセット」をゆっくり満喫したいなら

自然に囲まれたスパ&リゾートのように、わが家で露天の心地よさを毎日味わえるバスルームです。MY HOME RESORT 自然に囲まれたスパ&リゾートのように、わが家で露天の心地よさを毎日味わえるバスルームです。MY HOME RESORT

自然に囲まれたスパ&リゾートのように、わが家で露天の心地よさを毎日味わえるバスルームです。MY HOME RESORT 自然に囲まれたスパ&リゾートのように、わが家で露天の心地よさを毎日味わえるバスルームです。MY HOME RESORT

詳しくはこちら 詳しくはこちら
サロンのように美をつくる、私だけの部屋。「メイク」も「ケア」も、ひとつの場所で。Salon a la Maison サロンのように美をつくる、私だけの部屋。「メイク」も「ケア」も、ひとつの場所で。Salon a la Maison

サロンのように美をつくる、私だけの部屋。「メイク」も「ケア」も、ひとつの場所で。Salon a la Maison サロンのように美をつくる、私だけの部屋。「メイク」も「ケア」も、ひとつの場所で。Salon a la Maison

詳しくはこちら 詳しくはこちら

多くの人にとって、家事や外での仕事をこなしつつ、移動中にもスマホによる情報接触やコミュニケーションの時間が増えています。“スマホ疲れ”などという言葉が象徴するように、日々の疲労をいかに軽減するかは人々にとってとても大きなテーマになっています。
もちろん外で発散させる方法もありますが、「皆と会社帰りにお酒を飲むのも楽しいけれど、飲み過ぎたなど後悔することも多々」…との声も。その場、その瞬間は疲れも吹き飛んだ気になれるのですが、根本的な解決になっていないことも多いようです。それよりも、「大好きなコーヒー豆を買って来て、毎日家でじっくり・ゆっくり味わうことが疲れた自分を癒やす大切な時間です」など、自分をリラックスさせる家の中でのちょっとした過ごし方が意識された言葉を耳にするようになりました。

データによると、家でのリラックス行為の上位は「コーヒーやお茶を飲む」「テレビ・ビデオの視聴」「ネット・SNS」「入浴」「食事」。
家でリラックスするのに欠かせないものとしても「お茶やコーヒーといった飲料」がトップに挙がり、「一人のスペース」「ソファ・椅子」「お菓子やおつまみ」「家族の会話」が続きます。ここには特別なものが一つもなく、誰もが毎日のようにやっていること、家の中にだいたいあるものでしょう。ただ、実際にインタビューしてみると、「大好きなコーヒー豆」だったり、「和む色合いのソファ」だったり、入浴も「アロマキャンドルを炊いて」など、リラックス効果をより高めるものの選び方や工夫が見られます。くらしネクスト会議でも安藤さんは四季の花々が、若山さんはガウンが、リラックスの必需品でした。
せっかくの「家時間」、ベストな自分のリラックスの作り方、見出してみてはいかがでしょうか。