住まいの設備と建材 > すむすむ > 住まいづくりの資金・税金 > 住宅ローンを借りる > 変動金利と固定金利メリットとデメリット

ここから本文です。

変動金利と固定金利メリットとデメリット

変動金利と固定金利それぞれの特徴を見極める

金利のタイプは、「固定金利」、「変動金利」、それに「固定金利の期間を選べる変動金利」の3つがあります。また、それぞれのローンには、優遇金利が設けられていることが多いので、ぜひ覚えておいて利用しましょう。

金利タイプのメリット・デメリット

「金利タイプ」を選ぶ際には、金利動向(上昇局面、下降局面)だけでなく、自分のライフプランにあった金利タイプを選ぶことが必要になります。将来、収入が減ったり、教育費がかかるなど、家計収支の変化が予想される場合や、金利上昇によるローン返済額の増加に対応できるかにより、住宅ローンの「金利タイプ」の選び方が違ってきます。

固定金利

全期間固定金利型
借り入れた時の金利が全返済期間を通じて変わらないタイプ

メリット
・借り入れ後に金利が上昇しても将来にわたり借り入れ時の金利による返済額が確定。
・借入時の金利による返済額が確定。
・借入時に返済期間全体の返済計画が確定。

デメリット
・借り入れ後に金利が低下しても返済額が変わらない。

変動金利

固定金利期間選択型
「当初3年間○%」など、一定期間、固定金利が適用され、期間が終わると、変動金利が適用されるタイプ

メリット
・固定金利期間中は返済額を確定できる。
・固定期間終了後に金利が低下すると、返済額が減少。

デメリット
・固定期間終了後に金利が上昇すると、返済額が増加。
・借入時に固定金利期間終了後の返済額が確定しないので、返済計画が立てにくい。

変動金利型
金融情勢の変化に伴い返済の途中でも定期的に金利が変動するタイプ

メリット
・借入れ後に金利が低下すると、返済額が減少。

デメリット
・借入れ後に金利が上昇すると、返済額が増加。
・借入時に将来の返済額が確定しないので、返済計画が立てにくい。
・借入れ後に金利が急上昇した場合、未払利息が発生する場合がある。

※未払利息とは?
変動金利型では、半年ごとに金利の見直しが行われます。将来金利が大幅にアップし、毎月の「利息の支払額」が毎月の「返済額」を超えてしまった場合は、その超えた分の利息の支払いは繰り延べられます。これを「未払利息」といいます。
返済額の見直しは5年ごとに行われ、見直し後の返済額は、変更前の返済額の1.25倍が限度とされている場合がほとんどです。金利のアップが続いた場合、元金は全く減らず、未払利息が積み上がっていくこともあります。

一般的な変動金利型の注意点(元利均等返済の場合)

  • 金利の見直しは通常、半年ごと、返済額は5年間変わらない。
  • 5年ごとに見直される返済額は、見直し前の1.25倍が上限。
  • 金利が一定以上上昇すると、利息が返済額を上回り、未払利息が発生する可能性がある。
  • 最終返済日を迎えても元金、未払利息が残る可能性があり、その場合には最終返済時に一括返済することになる。

金利タイプの変更について

返済中に金利のタイプを変更(変動金利型→固定金利期間選択型など)できる住宅ローンがあります。金利タイプの変更ができるか、金利タイプの変更に伴う手数料が必要かどうか、また固定金利期間選択型の場合は固定金利期間終了後にどの金利タイプが選択できるか、金融機関に確認しましょう。

この内容は、2015年6月10日現在のものです。
掲載している内容については、変更になることがありますので、利用前には、最新情報を確認してください。

あこがれの「住まい」を考えるヒントや、日々の暮らしを少しの工夫でより快適にする情報などをお届けしています