ここから本文です。

繰り上げ返済で利息を軽減

繰り上げ返済は、元金の返済に充当され、
利息を大きく減らすことができます

住宅ローンの返済期間の途中で、毎月やボーナスなどの決まった返済以外に、まとまったお金を返済することを「繰り上げ返済」と言います。繰り上げ返済には2種類あり、全額を返済するのを「全額繰り上げ返済」、一部を返済するのを「一部繰り上げ返済」と言います。
繰り上げ返済のお金は、すべて元金の返済に充当されます。元金が減ることで、その元金にかかる利息がなくなり、当初の予定よりも総返済額が減るなどのメリットがあります。

繰り上げ返済の方法

「一部繰り上げ返済」では、返済方法が「期間短縮型」と「返済額軽減型」の2つのパターンがあります。それぞれの特徴は次の通りです。

返済期間短縮型

毎月の返済額を変えずに、借入期間を短縮

返済額軽減型

借入期間を変えずに、毎月の返済額を減らす

例)
借入額2,500万円を金利3%、30年返済で、5年後に100万円繰り上げ返済をした場合を試算してみると、期間短縮型では、1年8か月短くなり、利息も約109万円減ります。一方、返済額軽減型では、毎月の返済額が約4,700円減り、利息も約42万円減ります。総返済額では、期間短縮型が約3,686万円、返済額軽減型が約3,752万円になります。

同じ条件なら、期間短縮型の方が総返済額は少なく、繰り上げ返済の効果が大きくなります。さらに、繰り上げ返済は、毎月の返済額に利息の占める割合の大きい早い時期にするほど、利息カットにつながります。複数のローンを組んでいる場合は、金利の高いローンから繰り上げ返済を考えるのがいいでしょう。

繰り上げ返済でチェックしたいポイント

繰り上げ返済をする場合、金融機関によりその条件が異なります。次の点を確認しましょう。

  • 手数料の有無
  • 繰り上げ返済の額がいくらから可能か
  • 手続きの時期や手続き方法

また、期間短縮型では、その後、短縮した期間を延長することができないケースなども金融機関によって決められています。メリットやデメリットを考慮して、自分に合った返済方法を選択しましょう。

この内容は、2015年6月10日現在のものです。
掲載している内容については、変更になることがありますので、利用前には、最新情報を確認してください。

あこがれの「住まい」を考えるヒントや、日々の暮らしを少しの工夫でより快適にする情報などをお届けしています