ここから本文です。

太陽光発電買取制度

太陽光発電で作った電気は、電力会社に売ることができます

太陽光発電システムで発電した電気を地域の電力会社が一定価格で買い取る制度です。
10kW未満の太陽光発電の場合は、自宅で使わないで余った電力を10年間電力会社に売ることができます。10kW以上の場合は、20年間発電した電気のすべてを売ることができます。
買取価格は、年度ごとに見直しされますので、最新情報は経済産業省資源エネルギー庁のホームページなどでご確認ください。

この内容は、2015年6月10日現在のものです。
掲載している内容については、変更になることがありますので、利用前には、最新情報を確認してください。

あこがれの「住まい」を考えるヒントや、日々の暮らしを少しの工夫でより快適にする情報などをお届けしています