ここから本文です。

登録免許税

土地や住まいの登記には、登録免許税がかかります

土地や住まいを取得した時(引き渡される時)に、その権利(所有者)や、ローンを借りる際の担保として設定した抵当権を明らかにするために、「所有権保存登記」や「所有権移転登記」を行います。この登記にかかる税金を登録免許税といいます。

登録免許税は契約金額ではなく、登記の内容や原因によって税率が異なります。土地・建物の課税標準額(固定資産税台帳の価格)が課税の基準になります。

登録免許税の軽減措置

一定の条件にあてはまる自分で居住するための住宅を新築・購入した場合、税率が軽減される特例があります。

新築した場合は「所有権保存登記」、新築分譲住宅や中古住宅、中古マンションでは購入時の「所有権移転登記」、住宅ローン借り入れ時の「抵当権設定登記」に軽減措置があります。それぞれに取得後1年以内に登記をすること等の条件を満たす必要があります。この特例を受けるためには、市町村の発行する住宅用家屋証明書などが必要になります。

この内容は、2015年6月10日現在のものです。
掲載している内容については、変更になることがありますので、利用前には、最新情報を確認してください。

あこがれの「住まい」を考えるヒントや、日々の暮らしを少しの工夫でより快適にする情報などをお届けしています