住まいの設備と建材 > すむすむ > スマ子と学ぶ 住まい愛レッスン > Lesson 2 家族でキレイにするリビング収納

ここから本文です。

スマ子と学ぶ 住まい愛レッスン
living

Lesson.2

Lesson.2

スマ子と学ぶ 住まい愛レッスン

Lesson 2 家族でキレイにするリビング収納

教えてくれるのは… 整理収納アドバイザー 小西紗代さん Sayo Konishi
スマ子 Profile
スマ子の今月のお悩み 「居心地のよいリビングにしたい!」
片づけても片づけても、すぐに家族がリビングを散らかしてしまう!1日中片づけをしているみたいで、疲れてしまいます。家族みんなのリビングをキレイに保つにはどうすればいいの?
片づけ・収納のエキスパート 小西紗代さんに、今回は「家族でキレイにするリビング収納」について教えていただきます。
「片づく環境」と「習慣の改善」が大切なのですよ

point 家族みんなで取り組める「片づく環境」づくりを始めましょう!

人や物が集まるリビングは、家族でくつろいだり、仕事や勉強をしたり、さまざまな用途で利用するから油断するとすぐに散らかってしまいます。でもじつは、片づけは性格でも習慣でもなく、「片づく環境」と「習慣の改善」が大切です。自分1人で頑張ろうとしなくても家族みんなで取り組める方法がありますよ。そのためにまずは「片づく環境」づくりと「習慣の改善」を始めましょう!

living

1 家族が片づけない原因 一時置きにも原因があります

さて、皆さんこんな習慣はありませんか?

  • ● 脱いだ服がソファーの上に置きっぱなし
  • ● 新聞や郵便物を机の上に積み上げている

じつは、散らかり方には傾向となる「物が散らかる高さ(胸の間〜膝の間)」があるのです。ダイニングテーブルの上、パソコンのデスク周り、高さがいいのでつい一時置きをしてしまいがち。子供は背が低いので、ランドセルやオモチャを床に置くのです。

では、なぜ家族は片づけられないのでしょうか?
それは、
living
からなのです。

スマ子
living

2 収納環境を整える リビングに置く物は日々使う物だけに厳選

まずは、リビングに何があるのかを把握しましょう。そして、リビングに置く理由を考えてみてください。何となくではダメです。日々使っているかを検証します。物が集まりやすいリビングには、家族共有で使う、リモコンや文房具類など「アクティブに使用する物」だけを置くことが大切なのです。
また、限定した物はそこらじゅうに置いてしまうのではなく、収納場所をつくってまとめてあげましょう。収納場所をまとめる際は、「中の物が取り出しやすいか」がポイントです。小さい物の収納は「浅い引き出し」に入れ、書類など縦長の物は「ファイルボックスなど取り出しやすい工夫のあるもの」に収めています。同じ「四角の箱」で揃えればムダな空間が生まれず棚に上手く収まります。色を統一すれば見た目もスッキリキレイですよ。また、「埃の入る場所かどうか」「入れる物の用途と見栄えの良し悪し」で蓋のありなしは使い分けましょう。

スマ子
living

物の定位置(物の住所)を決める

次に「物の定位置」を決めてあげましょう。私は、何がどこに入っているのか、家族が分かるように「ラベリング」をしています。片づける場所が分かれば、出しっぱなしにならないし、「あれは、どこにある?」の声も確実に減りますよ。また、ラベリングの際は、ラベルライターの使用がオススメ。手書き文字よりも、印刷された文字の方が、公共の場のようでルールを守る意識が高まります。
また、紛失しがちな小さい物こそ置き場所が大切です。鍵や腕時計、指輪などは「出す」、「はずす」といった導線上に定位置をつくってあげましょう。たとえば、テーブルに置きがちな鍵は玄関に鍵置き場を設置して、ETCカードや車の鍵もまとめるなど、一緒に使う物はグルーピングしてあげると便利ですよね。

スマ子
living
living

生活感と生活臭

ドキッとするこのワード!似ているようで「生活感と生活臭は異なる」のです。
生活感は、そこで暮らしている雰囲気があること。生活臭は生活感が目立つとたちまち臭い出すもので、たとえばティッシュが散乱し、リモコンは出しっぱなしなど。定位置を決めて出した人がキチンと戻せば、生活臭にはなりません。生活臭を臭わせてはいけませんよ!

living

3 片づけるための習慣づくり 家族が片づける魔法の言葉

私は、家族がお手伝いをしてくれる度に、褒め言葉「3S(すごい+さすが+素晴らしい)」「ありがとう」の言葉がけをしています。行動を褒められると嬉しい、楽しいという気持ちが次につながって、またお手伝いをしてくれる。この繰り返しが、お手伝いの習慣づけになります。片づけも習慣も同じです。少しでも片づけられたら、その行動を褒めてあげてくださいね。キレイなお部屋はもちろん、暖かい言葉が飛び交っている家庭は居心地がよいですよね。日頃から家族の片づけ習慣を育てていきましょう。

clip

家族の片づけ習慣の育て方

家族の片づけ習慣の育て方 3S すごい さすが 素晴らしい + ありがとう

スマ子

4 1日1度のリセット 主婦の優しさでチェックしましょう

出しっぱなしを叱るばかりでなく、家族のために寝る前だけは自らの目でチェックして片づけます。
「机の上に物がないか」
「テーブルの上に物がないか」
「ソファーの上に物がないか」
をチェックし、元の位置へリセットしてあげています。すると、日々の片づけはラクになり、スッキリをキープできますよ。片づけるところから1日をスタートするのではなく、キレイなでリビングで気持ちよい1日をスタートさせましょう!

living
check!
収納でスッキリしたリビングを実現した事例も、参考になりますね。
皆さんいろいろな収納の工夫をされていますね!
快適な素晴らしいキッチンに

リビングの居心地がよくなれば、家族との暮らしはもっと楽しくなります。暮らしが向上すると、家族はもっと幸せになれます。 家族が帰ってきたくなる場所をぜひつくってください。

Sayo Konishi

片づけは自分1人で頑張らなくてはと思っていました。
家族の片づけ習慣を育て、みんなでキレイをキープして、 いつでも人が呼べるリビングでありたいですね。

clip

PROFILE

整理収納アドバイザー 小西紗代さん

兵庫県神戸市在住。幼稚園教諭を経て、2011年、整理収納アドバイザー1級、2013年、風水鑑定士の資格を取得。
2011年8月より整理収納サロン「神戸のちいさな収納教室」を主宰。自宅の整理収納が雑誌「ESSE」「saita」、テレビなどで紹介され話題に。レッスン内容を1冊にまとめた著書、「さよさんの片づけ力が身につくおうちレッスン」(扶桑社)を2013年に出版。

ブログ「ちいさいおうち」
http://sayo34sayo.blog86.fc2.com/

小西沙代さん
すむすむ 住まいづくりのヒントや周辺情報をご紹介 こちらでも収納ノウハウをご紹介 今日から収納上手 リビングのイメージづくりのご参考に 我が家流の収納生活 大公開
TOPへ戻る
住まい愛TOPへ戻る