住宅リフォームのヒント集

一覧

TOP

「バリアフリー」住宅リフォームのヒント集

思わぬところで転んでのケガや、脱衣室とバスルームの温度差によるヒートショックなど、今の住まいで年齢を重ねてからも安心して住めるのか、と心配の方も多いかもしれません。高齢者は、すり足気味になりがちのため、少しの段差でひっかかることがあります。バリアフリーリフォームは、段差の解消や手すりの設置が基本です。また、断熱性能を高めたり、暖房換気乾燥機のあるバスルームにするなど、室温の温度差ができないようにすることも大切です。さらに、子どもの誤飲や指はさみ、やけどなど思わぬところでの家庭内事故を防ぐための点検も重要。家族みんなが安心して暮らすために、バリア(障がい)を取り除きましょう。バリアフリーリフォームのヒントをご紹介します。

バリアフリー 冬のお風呂は寒くて入りたくない…。徹底的に「あったかい」にこだわったバスルームにリフォーム!

2018/01/31

浴室が寒いと入浴をためらうことも…。年齢を重ねると脱衣室とお風呂の温度差で 起こるヒートショックも気になります。予備暖房や床暖房で一番風呂からあたたかく、 浴室まるごと断熱のバスルームなら、省エネでいつでもあたたかいバスタイムを楽しめます。

バリアフリー 10年後も暮らしやすいバリアフリーを考えた二世帯住宅リフォーム

2017/12/26

年を重ねるごとに体力や身体状況に変化が表れるだけでなく、住宅や設備も老朽化していきます。元気な今のうちに、バリアフリーで負担の少ない住まいや二世帯同居も可能な家へリフォーム。将来も自分たちらしく暮らし続けられる家をご紹介します。

バリアフリー 今使えるおトクな制度を使って、来年こそ賢くリフォーム

2017/12/18

来年こそはリフォームを!と考えている方は、減税などおトクな制度に注目しましょう。耐震、省エネ、バリアフリーなど一定のリフォームを行うと所得税や固定資産税が軽減される制度があります。制度を知って賢くリフォームしましょう。

バリアフリー 二人を楽しむアクティブシニアにおすすめのリフォーム

2017/12/18

定年退職や子どもの独立などで、家での過ごし方が変わるかもしれません。これからは、夫婦二人が快適に過ごせる住まいが理想では?一緒に料理しやすいキッチン、趣味を楽しめるカウンター、可変性のある寝室など、アクティブシニアのためのリフォームをご紹介。

バリアフリー もう寒くない!「あったかバブル」&ぬくもりつづくバスルーム

2017/10/30

寒い冬でも脱衣室を暖房であたためておけば、急激な温度差によるヒートショックを防止できます。湯温が保たれて経済的な保温浴槽や、お風呂上がりもぬくもりがつづく酸素美泡湯など、昨今のバスルームの快適な機能をご紹介します。

バリアフリー 「寒い家」問題をリフォームで解決!

2017/10/30

家をあたたかくするには、窓から逃げる熱を減らすこと、壁や天井の断熱性を高めることが肝心です。部屋を早くあたためるには、引戸などを利用して空間を仕切ることも有効。またトイレや洗面脱衣室などは、暖房であらかじめあたたかくしておきましょう。

バリアフリー おじいちゃん、おばあちゃんが来た時も快適に過ごせる住まい

2017/08/30

敬老の日などの特別な日には、自宅におじいちゃん、おばあちゃんを招いてごちそうというお宅は多いでしょう。せっかく来てもらうのだから、みんなが居心地良く過ごせる住まいにしておきたいですね。使いやすい設備とリフォームのコツを紹介します。

バリアフリー 元気に暮らしてほしいから、お父さん応援リフォーム!

2017/05/30

腰が痛くても手すりがあれば動きやすかったり、手元が明るいだけで読書する気になれたり。親世代にとっては、小さなバリアを解消することで快適さが大きく違ってきます。定年後のお父さんが、年を重ねてもイキイキと暮らしを楽しめる家にリフォームしませんか。

バリアフリー プチリフォームで、寝室を暖かく、快眠できる部屋に

2017/01/26

寒くて布団から出るのがおっくう、そんな冬の朝とさようならするために、簡単にできる断熱で寝室を暖かくプチリフォームしましょう。また、インテリアや照明、収納の工夫、連動型の住宅用火災警報器の導入などで、安心、快適な寝室にしましょう。

バリアフリー 子どもに負担をかけない相続問題の解決策

2016/10/28

子どものために親がちゃんと準備したいのが相続のこと。片づけ、同居、遺産相続など、元気なうちに考えておきましょう。モノの整理や親子同居のためにリフォームもオススメ。バリアフリー化などで、これからの暮らしを安全で快適にすることができます。

28件中 11 - 20 件を表示