住宅リフォームのヒント集

一覧

TOP

2016/8/30

手洗いが楽しくなる!孫たちも大喜びの洗面室にリフォーム

古さが気になっていた洗面室。毎日使う場所だから、快適で清潔、使いやすくなれば、そこで暮らす私たちだけでなく、遊びに来る孫たちにもやさしいはず。洗面室のリフォームは小さな子どもにも使ってうれしい居場所づくりにつながります。

タッチレス水栓で子どももラクラク

外から帰ったらまず手洗いは、子どものときからの大事な習慣です。わが家に来ても続けてほしいもの。すぐに水が出てピタッと止まるタッチレス水栓の洗面化粧台なら、蛇口をひねる動作がないので、子どもたちも手を伸ばすだけでラクラク使えます。さらにパナソニックのウツクシーズの「有機ガラス系新素材」は、水アカをはじき、はっ水性に優れているので、キレイをいつまでもキープします。

奥行きがコンパクトなタイプで動線を広く取る

洗面室は、脱衣所を兼ね洗濯機も置かれているなど、手狭になりがちです。リフォームで奥行きがスリムな洗面台にしたり、ワイドカウンターで収納力を上げれば、空間に無駄がなくなり、動線がスムーズに。洗濯がしやすくなるだけでなく、脱衣スペースにもゆとりができ、手間がかかる子どもたちの脱衣着替えもラクになりそう。孫たちと一緒に入るバスタイムにも余裕ができます。

手元まで明るい照明で子どもたちの顔もイキイキ

洗面室をリフォームするなら、洗面台の照明もひと工夫。2本の縦型照明タイプなら、影ができないのでファンデーションの塗り残しやひげのそり残しがなく、いつも、身ぎれいにしていられます。さらに下まで照明があるので、まだ背が低い子どもたちの顔もしっかり照らしてくれるから、自分で身だしなみをチェックして、小さなおしゃれさんに。

ちょっと洗いに便利な洗面ボウル

元気に遊び回って泥んこになった子どもたちのTシャツを洗濯前に下洗いしたり、デリケートな衣類を手洗いしたり、洗面ボウルは衣類洗いにも活躍します。大き目の洗面ボウルなら、ラクラク。洗面ドレッシング「Cline(シーライン)」ならシャワーヘッドを引きだして使うこともできます。一体成型のボウルで継ぎ目がなく、さらに掃除がしにくかった排水口のフチのすき間もなく、お手入れしやすいデザインです。

洗面室の収納はコンセントの配置をチェック

ドライヤーやシェーバー、電動歯ブラシなど、洗面室で使う美容家電は、実は数多くあります。洗面台の収納は細々したものがすっきり収まるだけでなく、コンセントが配置されていることも大切なポイント。充電が必要なものもバッテリー切れの心配なく、鏡裏の収納棚に入れておけます。

さらに、洗面台の下の引出しは、静かに閉まるソフトクロージングタイプなら、子どもが指を挟みにくく安心です。

お風呂上がりのベンチでおしゃべりタイム

洋服の脱ぎ着は片足立ちになるので、靴下を脱ごうとしてふらついたり、小さな子どもはパンツに足をひっかけたりしがちです。ちょっとしたベンチがあれば、手をついたり腰かけたりできて大助かり。普段は収納、使うときには引きだしてベンチにもなる、L-CLASS DRESSING ラシスの「ローキャビネット」なら、座って涼みながら、お風呂上がりのひとときを楽しめます。

水に強い床材で安心

手を洗ったり顔を洗ったり、歯を磨いたり、みんなが1日に何度も使う洗面室は、水はねで床が濡れることも少なくなりません。特に小さな子どもは手を伸ばして使うので、ひじから水が伝って飛び散りがちです。水や汚れに強く、傷がつきにくい床材にしておけば、サッとひと拭きですみ、孫たちも親も気兼ねなく使えます。

人気記事ランキング

関連キーワード