住宅リフォームのヒント集

一覧

TOP

2015/07/28

忙しい朝のお弁当づくり…効率的・清潔なキッチンでママを応援!

毎朝のお弁当づくり。栄養バランスよく、見た目もきれいに、冷めてもおいしいものを、手早く作りたい!そう思ってはいても、メニューはマンネリ、忙しさから後片づけもバタバタ。ママには段取りよくおいしい料理を作れる、便利なキッチンの環境が必要です。

栄養も見た目も満点のお弁当を作ってあげたい

朝ごはんの準備をしながら、お弁当も作って、子どもの身支度も整える…、ママの朝は1分1秒が勝負!お弁当づくりは、栄養バランスや彩り、食中毒対策…と、次から次へと気がかりが増えていきます。手際のよさ、段取りがお弁当づくりには欠かせません。忙しいママのお弁当づくりには、便利で使いやすく、清潔さを保てるキッチンの環境が必要です。

いざというときのお助けメニューには、買い置きの根菜類が活躍

お弁当づくりで、いざというときに役立つのが買い置きしておける根菜類です。例えばジャガイモは電子レンジで加熱して、ベーコンと炒めたり、マヨネーズで和えたり、チーズをかけて焼いたり、もう1品がさっと作れるスグレモノ。根菜類は、夏も冬も湿度の少ない冷暗所での保管が基本。湿度をコントロールできる専用の収納庫があると便利です。

家事動線を整えると、時短調理や同時調理がスムーズに

ダンドリよくお弁当をつくるなら、時短できる数品同時調理がおすすめです。ワークトップがカウンターとフラットなIHや、コンロが3口並んでいるキッチンなら、炒めものと蒸しものをする隣でお弁当に詰めたり、野菜を切ったりの動きがスムーズ。スチームオーブンレンジなど、調理家電を使えば、料理のバリエーションはもっと広がります。フードプロセッサーなど小型の調理家電のためのコンセントが手元にあると、さらに便利で効率的です。

こまごましたお弁当グッズは専用引き出しで整理

お弁当づくりで活躍するのが、専用小物です。おかずを仕分けるカップや、ハートやキャラクターのついたピック、しょう油やマヨネーズを入れる調味料入れ、野菜の型抜きや、おにぎり型などを上手に使うと、見た目の印象もぐんとアップ。でも、こうした小物はいつの間にか増えて、迷子になりがち。使いたいときにみつからなくて、イライラすることも。浅型の収納引き出しに仕分けると、ひと目でわかり、使いやすく活躍の場が増えます。

夏に気になる、食中毒を防ぐ

夏のお弁当は食中毒が一番の気がかり。実は手には細菌やウイルスがたくさんついているため、おにぎりを握るときにラップを使うのがオススメ。細菌などがつきにくく衛生的です。さらに、食器洗い乾燥機対応のお弁当箱にして、食器洗い乾燥機でしっかり洗浄・乾燥。除菌までできるので、すみずみまできれいなお弁当箱がキープできます。また、虫が寄りにくいキャビネットにすることで清潔なキッチンを保つのも一案です。
家族の健康とおいしい!のためにがんばるママ。朝の慌ただしいときこそ、キッチンの機能性が暮らしのゆとりを左右します。

人気記事ランキング

関連キーワード