パナソニックの住まいパートナーズパナソニックの新築・リフォーム会社ネットワーク

くらしのアイディアBOX

毎日をちょっと楽しくするヒント くらしのアイディアBOX毎日をちょっと楽しくするヒント くらしのアイディアBOX

【 No.8 】子どもを見守る住まいの工夫

  • Point 1

    リビング学習

    リビング・ダイニングを
    学習空間として

    学力向上の面でも注目されているリビング学習。キッチンから子どもの様子を見守り、いつでも質問に答えられるので安心です。ダイニングテーブルで勉強するなら広めのサイズを。必要なときに伸ばせるものがおすすめです。

    リビング学習
  • Point 3

    収納コーナー

    ダイニングやリビングで
    学習するなら収納スペースの
    確保を

    まとまった量を収納できる大容量の収納棚が便利です。いつでもさっと出し入れできるよう、子どもが取り出しやすい位置に教科書や辞書・ドリルなどを収納。専用のコーナーを作っておくことで、自分で片付ける習慣づけにも。

    収納コーナー
  • Point 2

    衝撃音対策

    ドアクローザーや
    戸当たりテープで遮音を

    ドアをバタンと閉める音は意外に響きます。急激に閉じないようにする装置(ドアクローザー)を付けたり、音漏れを防止する戸当たりテープで対策を。フローリングも響きやすいので、敷物を敷く、椅子に脚カバーを付けるなど工夫しましょう。

    衝撃音対策

家事をしながら
見守りできて安心だわ

家事をしながら見守りできて安心だわ
コラム監修 井上恵子 住まいの性能・安全ガイド
コラム監修者
井上 恵子住まいの性能・安全ガイド
【プロフィール】
住まいのアトリエ 井上一級建築士事務所所長。日本女子大学非常勤講師。安心・安全な住まいを見極め、女性視点でサポートする一級建築士。新聞やwebでのコラム執筆、セミナー講師などで活躍。著書に「大震災・大災害に強い家づくり、家選び」(朝日新聞出版社)他。

2020.04

子どもを見守る住まいの工夫。
たとえばこんな設備をご紹介

パナソニックのシステムキッチンなら
家事をしながら子どもを見守れる対面式も多彩

調理しながら、リビングで過ごす子どもの姿を見守ったり、時には会話したり。
子どもとの時間を大切にできる対面式キッチンは、子育て世代に変わらない人気です。

  • 子どもを見守るキッチンスタイル
  • 「並んで調理」で
    子どもに料理をおしえることも

    リビングで遊んだり宿題するとき、すぐそばにお母さんがいるだけで、幼い子どもは安心できます。時にはお手伝いしながら段取りやつくる楽しさをおぼえていくことも。

    子どもを見守るキッチンスタイル
  • 子どもを見守るキッチンスタイル
  • ダイニングテーブルの勉強道具も
    サッと片付く

    お待ちかねの夕食タイム。勉強道具はお片付けして、すっきりきれいなダイニングで楽しく団らんを。
    食器や道具の出し入れは、小さな子どもにも頼みやすいお手伝い。中のものが見やすく、取り出しやすい引出し収納が便利です。

ゆっくり閉まるドアや、すき間ができない収納用扉で指はさみなどに配慮

  • 子どもが扉をバタンと強く閉めたとき、指を挟んだりするのではと心配になることも。ゆっくり閉まるなどの工夫がされたドアや収納用扉を取り入れる のもおすすめです。

    2009年度「グッドデザイン賞」「キッズデザイン賞」を受賞

  • ハサマナイズ機構/
  • ※掲載内容は、2020年2月現在のものです。

パナソニックの住まいの工夫をもっと詳しくご紹介!

くらしのアイディアBOX バックナンバーくらしのアイディアBOX バックナンバー