ここから本文です。

トイレの節約アイディア!
2.トイレで節水のコツ

日本の「恥じらいの文化」が節水のさまたげに!

トイレでの節水方法を聞いたある調査では、「消音のための二度流しをしない」と答えた人が半数以上も。 この「消音のための二度流し」は、海外にはない日本独特の習慣です。

20代〜40代のネットユーザー395人を対象にした調査で、「排泄音が周囲に聞こえたら恥ずかしい」と答えた人は、女性では89.3%、男性でも69.7%。 周囲に自分の家族しかいない場合でも、「恥ずかしい」「少し恥ずかしい」と答えた人は合わせて51.1%でした。

トイレ用擬音装置の利用経験がある人を対象にした「トイレ用擬音装置がない場合に、排泄音を消すために水を流したことがあるか」の問いに、「ある」と答えた人は82.5%。普段、エコ活動に取り組んでいる人でも、82.8%が「ある」と答えています。

このトイレの二度流し、そうでなくても多い使用水量を一挙に2倍にしてしまうので、気になる場合は擬音装置を設置するなどして、ムダな流水を避けましょう。

●周りに自分の家族しかいない場合でも、排泄音が聞こえたら恥ずかしいと思いますか?2009年アイシェア調べ(回答者は20〜40代のネットユーザー395人)
えっ、大・小洗浄を自動で判断してくれるトイレもある! 「着座センサー」で※大・小洗浄を判別して自動洗浄。エコナビ搭載アラウーノは、着座時間の長さによって小洗浄か大洗浄かと、洗浄水量を自動で判別します。※自動便座洗浄の水量は着座時間により判別(50秒以内であれば小洗浄)。立小便の場合はリモコン操作となります。

大レバー」と「小レバー」を使い分けよう!

無意識に「大レバー」で流していませんか?

「いつも『大レバー』を使う」人は、全体の半分だった、そんな意識調査の結果も!
「大レバー」は「小レバー」に比べ、流れる水の量が約2Lも多いのです。これはペットボトル大1本分。一日の回数を考えると…

「大は小を兼ねる」は、節水にはおすすめできません。 「大レバー」と「小レバー」の使い分けを徹底しましょう。

また、新築・増築の際には、通常の便器とは別に、男性用の小便器を取り付けるのもひとつの方法です。男子用小便器は最大4Lで洗浄でき、通常便器の「小レバー」よりさらに水が少なくて済みます。

トイレ掃除の工夫で節水を

トイレ掃除の際に何度も水を流すのも、水を多く使うことになります。 たとえばトイレットペーパーを便器に敷いて洗剤を振りかけ、しばらく置いてからペーパーごとブラシをかけると少ない水できれいになるなど、掃除の仕方でも工夫できます。

風呂の残り湯をトイレ掃除に使うのも節水になりますね。

流すたびに、トイレ自身がきれいにするトイレ!お掃除回数を減らして省テマ・節水に アラウーノは汚れをはじく「有機ガラス系新素材」使用で、汚れにくい。水を流すたびに、2種類の洗剤の泡が便器内の汚れを洗い流す。購入後、お掃除回数が減ったというお客様が増加しています。
1  2  3

アラウーノ
使う人の動きに合わせて、センサーが自動で節電・節約運転を判断。全自動おそうじトイレをご紹介します。

アラウーノ

エコナビ(節電・節水)
さまざまな状況をセンサーが判断して、節電・節水。少ない水量でしっかり流せる洗浄方式も採用しています。


パナソニックリビングショウルーム

パナソニックの水廻り商品を、ぜひショウルームでご確認ください。