HITルーフ:基本性能

一覧

TOP

Spec スペック
軽量
耐震
防水
遮熱
通気
耐候
不燃
雨音
耐風
耐荷重

①軽量

減震効果が期待できる、軽い屋根。

軽量

当社構造計算シュミレーションにより、屋根が軽いほど重心位置が低く、
地震時のせん断力※が低減することを確認しています。

  • ※せん断力とは、地震時に建物に作用する力です。

◎屋根材別「重さ」比較イメージ図

軽量

②耐震

地震でもこわれにくく、屋根面にしっかりと固定。

地震評価試験においても、震度6 強の地震に対する破損・変形などの異常なしを確認しています。

耐震

[試験方法]

  • ・評価方法:XYZ軸同時で、太陽電池モジュール「HIT」ありなしで、震度6強40秒程度を2回
  • ・評価基準:破損、変形、クラック、外観異常なし
  • ・評価回数:太陽電池モジュール「HIT」ありなし各N=2
  • ・評価結果:破損、変形、クラック、外観異常なし

③防水

屋根に「穴を開けない」工法で、太陽電池モジュール「HIT」を取り付け。

防水

新開発の「HITルーフ用金具セット」で、屋根に穴を開けずに太陽電池モジュール「HIT」を施工。
屋根施工完了後10年間の雨漏り保証は、太陽電池モジュール「HIT]を設置した後もそのまま継続します。

◎雨漏り10年保証*

防水

[保証継続の条件]

  • ・当社登録施工店による「HITルーフ」の施工、および保証書を取得している物件。
  • ・当社認定施工店による太陽電池モジュール「HIT」取り付け施工。
  • ・太陽電池モジュールは当社製住宅用太陽電池モジュール「HIT」が対象。対象外商品および他社商品を設置した場合は、その後の保証の継続はございません。

◎暴風雨試験

防水

[試験方法]※当社調べ

  • ・降雨量240mm/h、風速30m/s、10分間

④遮熱

遮熱性が高く、太陽熱を反射。

物に当たると熱エネルギーとして吸収される赤外線を反射する、「遮熱顔料」を配合した遮熱仕様鋼板を採用。
日射反射率は40%以上で、屋根表面温度の上昇を抑制します。

遮熱

◎日射反射率測定試験

  HITルーフ 遮熱仕様鋼板 一般的なスレート屋根 一般的な陶器瓦
マットシルバー ディープブラウン スレートブラック シルバー ブラウン ブラック ブラック
全波長 34.12% 26.31% 22.95% 19.81% 8.05% 5.23% 15.10%
赤外線領域 46.50% 47.86% 40.75% 16.23% 7.74% 4.77% 21.80%

※塗装メーカーによる測定

◎屋根表面温度測定試験

遮熱

※当社調べ

遮熱鋼板と通気構造により、年間の冷暖房エネルギーを
スレート屋根に比べ約7%、立平葺※1に比べ約5%削減します。

京都府立大学 尾崎教授による年間冷暖房負荷シミュレーションによる計算にて。
※1 金属製屋根 立平葺の日射反射率40%相当の遮熱鋼板との比較。

[シミュレーション条件] 2階建て木造戸建て住宅 床面積:120.07m2、屋根形状:寄棟、IBEC(建築環境・省エネルギー機構)標準計算モデル住宅、気象条件:拡張アメダス気象条件(大阪 Ⅳ地区)、家族人数:4人(夫婦+子2人)、暖冷房対象空間:1・2階全居室、暖房条件:〈暖房期間〉日平均外気温が15℃以下となる全ての期間、〈暖房温湿度〉室温18℃以上に設定する(湿度は成りゆき)、冷房条件:〈冷房期間〉暖房以外の全期間、〈冷房温湿度〉室温27℃以下、相対湿度60%以下に設定する換気回数:〈居室〉0.5回/h、〈小屋裏〉5回/h

⑤通気

排熱を考え、屋根の凹凸を活かして風の通路を確保。

屋根の凹凸形状を活かし、野地板と屋根材の間の通気にて小屋裏の温度上昇の抑制や、太陽電池モジュール「HIT」と屋根材の間の通気にて太陽電池モジュール「HIT」の温度上昇にも配慮しています。

防水
防水

軒先面戸から、屋根材凸部内で通気。


防水

太陽電池モジュール「HIT」と
屋根材凹部の間で通気。

⑥耐候

55%アルミニウム- 亜鉛合金めっき鋼板の基材と、フッ素系特殊塗装で、新築時の美しさが長続き。

屋根本体・役物には55%アルミニウム- 亜鉛合金めっき鋼板を使用。通常のカラー鋼板に比べて、高い耐久性があります。30年相当の促進耐食性試験で赤錆、塗装の膨れ、はがれがほとんどないこと、促進耐候性試験で色差が目立たないことを確認しており、保証書の発行物件においては、施工後10 年間製品の色感が著しく変化しないこと、製品に見苦しい赤錆の発生がないことを保証します。*

耐候

⑦不燃

不燃材料認定品を使用。

「HITルーフ」の屋根本体・役物は、不燃材料※として材料単体認定を取得した鋼板を使用しています。
(認定番号:NM- 8697)

※不燃材料とは通常の火災による火熱を加えられた場合、加熱開始後20分間燃焼せず、防火上有害な変形、溶融、亀裂その他の損傷を生じず、避難上有害な煙又はガスを発生しない材料を指します。

⑧雨音

室内での騒音は、一般的なスレート屋根とほぼ同じ。

騒音測定試験の結果、一般的なスレート屋根と「HITルーフ」の室内での騒音レベル差はわずか約2dBで、
騒音は一般的なスレート屋根とほぼ同じレベルです。

雨音

⑨耐風

強風によるトラブル防止に配慮。

屋根の変形・はがれの対策として、通し吊子部分での屋根本体固定に加え、屋根本体内に強風が入りにくいように、軒先面戸も工夫しました。

耐風

⑩耐荷重

積雪の重みに耐える、丈夫な屋根面。

屋根本体は荷重700kg/㎡でも変形しないことを確認しています。
●垂直積雪量200cmのエリアまで使用可能です。

耐荷重

「HITルーフ」は、太陽電池モジュール「HIT」専用に開発した屋根システムです。
旧商品名は「機能屋根システム」です。