03 小林夕里子さん/モノが多くてもすっきり見せるコツ

一覧

TOP

VERITIS 憧れインテリアのつくりかた 03 憧れを創りだす人たち 小林夕里子さん 第1回 モノが多くてもすっきり見せるコツ オリジナル家具や雑貨を扱うインテリアショップ、イデー(IDEE)のディスプレイを担当する小林夕里子さんのご自宅を訪ね、素敵な空間演出の秘訣を伺いました。

Profile 小林夕里子

2007年、株式会社イデー入社。全国イデーショップのディスプレイを監修。モノを大切にするライフスタイルが注目され、女性誌などで掲載多数。初著書に『暮らしを愉しむお片づけ』(すばる舎)。

好きなモノに囲まれた、ここち良い空間

「テーマ」と「素材」でまとまりをつくる

「大好きな雑貨に囲まれていると幸せ」という小林さんのご自宅は、東京都心の2LDKのマンション。さまざまなモノが飾られているのに雑然とせず、まるで素敵なお店を訪れているかのよう。イデーのディスプレイ担当ならではの空間です。「たくさんモノがあってもすっきり見せるコツは、テーマや素材ごとにまとまりをつくること」。「長く過ごす椅子に座ったときに見える目線の位置に好きなモノを飾れば、ここち良い時間が過ごせますよ」と話します。


玄関はスリムなベンチとスケートボードでボーイッシュなディスプレイに。


キッチンにはカラフルなティーポットを並べて、楽しい気持ちになるよう。


トイレにはマリンをテーマに、ブルー系の小物を飾って爽やかな印象に。

見えないところはシステマチックに

隙間なく入れる工夫を凝らす

「モノを出して飾るからこそ、見えないところはシステマチックに収納する」という小林さん。クローゼットや食器棚の中など、隙間なく入れて収納力を上げています。収納家具も住まいにぴったりと収まるモノを探すため、寸法を手元に控えていつも持ち歩いていたとか。すべてのモノに「帰る場所」(=収納の定位置)を決め、モノが増えて収まらなくなったら見直しどきだそう。整然と片付いていると、例えば食卓の準備でお皿やカトラリーを選ぶのも楽しくなりそうです。


シャツはたたんで立てて入れます。同系色のモノを並べると選びやすく。


カトラリーは種類ごとに分けて、立てて置くことで、使いやすく。


キャビネットの引き出しには、カップ&ソーサーをぴったり隙間なく収納。

小林さんと考えるCASUALなインテリアのつくり方

VERITISでつくるカジュアルなダイニング空間に合わせるテーブルや椅子を、小林さんに選んでいただきました。

詳しくはこちらをCLICK!
小林夕里子さんの自宅をさらに拝見! Sumu-Sumu すむすむ

パナソニックの住まい・くらし方情報「すむすむ」では、小林さんご自宅の玄関をはじめ洗面、トイレなど水まわり、居心地の良いリビングダイニングなど、自分らしいおしゃれな演出についても取材しています。素敵なインテリアづくりのご参考に、ぜひ併せてご覧ください。

すむすむ くらしスペシャリスト #005 空間演出のスペシャリスト

ページの先頭へ

今すぐリフォームを始めたい方

リフォーム会社探しを相談したい

近くのリフォーム会社を探したい

実物を見ながら検討したい

Panasonicの住まい・くらし SNSアカウント

  • すむすむ公式 Facebook
  • すむすむ公式 Twitter
  • すむすむ公式 Instagram
  • すむすむ公式 Youtube
  • パナソニックの住まい・くらし方情報