CRAFT LABLE FACTORY

MENU

最優先するのは色味や素材より “暮らしやすさ”

2020.11.30

最優先するのは色味や素材より “暮らしやすさ”

デザインライフ

暖かな光が漏れる、2階建ての白い一軒家。中に入ってドアを開くと、キッチン、天井がネイビーで彩られた温もりある空間が広がる。高い天井にダクトレールで吊るされたお店のようなむき出しの照明が印象的。将来の子ども部屋にあるウォークインクローゼットと一体となったロフトは“見せる収納”としての機能も果たす。

「見た目よりも、その方の生活スタイルに合った家づくりを大事にしています」

そう話すのは、今回ピックアップする物件の設計から施工までを手がけた、デザインライフ株式会社の店長、伊藤知彦さん。温もりある白い一軒家は、どのような思想のもと、どんなこだわりをもってつくられたのか。設計を担当した石井正利さんと一緒に語ってもらった。

どんな暮らしをしたいかに耳を傾けて、
生活をデザインする

ーまずはじめに、デザインライフさんがどんな家づくりをされるのか、その特徴を教えていただけますか?

伊藤:特徴、ですか…うちは設計事務所でもあり工務店でもあるので、設計から施工までワンストップでできるんですね。なので、設計段階から完成するまでずっとお客さんと直に話ができる。新築からリノベーション、リフォームもやってるんで、完成したあとも、何かあればお手伝いさせてもらうこともありますね。

ーその過程で、大事にされていることやこだわりはありますか?

伊藤: お客さんによって求めていることは違うので、とにかく話を聞くことですかね。一番大事にしているのは、お客さんが「どんな暮らしをしたいか?」

はじめから自分たちの理想の暮らしがわかっていない方も多いので、家族構成と現在の生活スタイル、困っていることや改善したいことを聞いていきます。もちろんお客さんが明確にやりたいことがあれば全力でかたちにしていきますよ。

ヒアリングをしたうえで、その家族の“暮らしやすさ”を重視してこちらから提案をして、また話を聞いて、調整していく感じですね。

ー暮らしやすさって、たとえばどんなところに現れるのでしょう?

石井: 暮らしやすさの肝になるのが生活の動線づくり。一番大事なのは家事動線なので、家事を担う方に普段どんな順番で家事をしていて、キッチンや洗濯場、水回りを中心にどうだったらいいかを聞いて、動線をつくっていきます。

伊藤: “暮らしやすい”動線をメインに間取りを考えてプランを立てて、見た目のデザインは最後でいい。あとからどうとでもなるので。色味や素材は最後に決めます。使う素材はもちろん予算はありますが、代替することもできますし。

そもそもデザインってなんなの?ということなんですが、僕らにとっては見た目じゃないんですよ。

石井: ここにある鉛筆もデザインですよね。見た目の色よりも、握りやすさ、書きやすさを重視してかたちをつくっていって最後に色を決める。鉛筆のデザインにおいて重要なのは、使いやすさです。見た目の色は後からでも変えられますから。

伊藤: 家に置き換えると、僕らは社名の通り、生活をデザインしているんですよ。見た目のデザインもお客さんの好みに合わせていくので、これまでつくってきた物件は全体を通した統一感はなく、バラバラだと思います。でも、その家族の“暮らしやすさ”をデザインすることは一貫しているかなと。

ー“生活をデザイン”するから、「デザインライフ」なんですね!

家事動線がまとまった、
家族が顔を合わせる広いLDK

ー今回ピックアップした物件は、どんな“暮らしやすさ”がデザインされているんでしょう?

石井: 一番はやっぱり家事動線ですね。ご依頼主はお子さんが3人いるご家族です。家事を担うお母さんの負担が軽くなるように、キッチンと洗濯機を置く洗面室、ユーテリティをまとめました。かつ、この家事スペースをリビングと分離しないことで、家族もアクセスしやすくなっています。食器や洗濯物の片付けを家事を担う人だけでなく、ほかの家族もそれぞれ自動的にやれるように。家族がいるスペースで完結できるような動線を設計しました。

ーいいですね!そもそもこの物件はお客さんからどんなご依頼があったんですか?

伊藤: もともと、お客さんはリフォームすることを前提に中古物件を購入されたんですよ。1年くらい住んだ後に、冬の寒さがつらい、家族が一緒に過ごせるLDKがほしいという相談を受けまして。築36年ということもあって、断熱性と耐震性を高める必要もあったので、建て替えを提案しました。

全体のつくりとしては、「ZEH(ゼッヂ)住宅」といって、屋根に太陽光パネルを設置して光熱費を抑えながら、快適に過ごせるオール電化の省エネ住宅になっています。

石井: 奥さまからは「家族のつながりを大事にしたい」と伺っていたので、リビング内に2階に上がる階段を設置して、帰宅してから部屋に行くお子さんと顔が合わせられるようにしました。また、1階は玄関と水回り以外のほとんどのスペースをLDKにして家族が集まる場所を広くとっています。

ーほお。広々としたLDKはお店みたいな照明が印象的ですよね。

伊藤: これは他の物件でやったことはないんですが、個人的にもやってみたかったんですよ。

石井: この照明の光は外からも目を引くみたいです。落ち着きがある外観なので、外と中にギャップをつくりたかったというのもあります。

ーほかにどんなこだわりや工夫がありますか?

伊藤: 収納ですかね。お子さんがいるとモノが増え続けるので、成長に合わせた収納スペースが必要になってきます。2階の将来子ども部屋になるスペースにはロフトを設置して、その下にウォークインクローゼットをつくりました。

あとは、1階の洗濯機の横にも棚をつくって、子どもの洋服をそのまま収納できるようになっています。全体的に、多く収納場所が必要な場合、隠す収納だと結構なボリュームになって閉鎖的になってしまうので、むき出しでもインテリアになる「見せていい」収納を意識しました。

ーご家族の生活動線、“暮らしやすさ”へのこだわりが伝わってきました……!

使いやすさを重視して、ドアは引き戸がベスト

ードアを選ぶときも“暮らしやすさ”がポイントになるんでしょうか。今回CRAFT LABELを採用した理由があれば教えてください。

石井: そうですね。暮らしやすさで考えると、ドアは引き戸がいいんですよ。開き戸だと、開けたときにスペースが取られちゃうので。僕らが使いたいのは引き戸。その点で、CRAFT LABELはデザイン性も含めて、引き戸のバリエーションが豊富なので、選びやすいんです。

伊藤: ドアは色味とガラスのバリエーションで決まるので。リビングのドアは光が入るようにガラス面が大きい方がいいですし、トイレやお風呂場のドアは電気が点いているか点いていないかわかるように少しガラス面があると便利ですし。

今回は、キッチンも天井もパナソニックさんの商品なので、ドアも一緒に色が合わせられるのも選ぶポイントにはなりましたね。

ー色をネイビーにした決め手は?普段、ドアの色はどうやって決めていますか?

伊藤: 通常の物件ってドアにあまり色は入れないんですよ。基本ドアは白にして目立たせないようにすることが多いんですが、今回は壁が真っ白なのでその逆をいこうと。うちから提案して、お客さんも気に入ってくれて、採用になりました。

ー他の物件でもCRAFT LABELを選ぶことはありますか?

石井: もちろんあります。比較的、若い方で遊び心を取り入れたい方に提案することが多いですかね。最近は割とシンプルなデザインが好まれていて、壁に色をつけることも少ないので、その分、ドアに色をつけてアクセントとして使っていく感じです。

ー全体的に見た目のデザインもシンプルで、ナチュラルさもありながらモダンさもある感じもしますが、見た目のデザインのコンセプトのようなものはあるんでしょうか?

伊藤: デザインのコンセプトは特にないですね。ナチュラルになりすぎないようにはしていましたけど、随時やりながら考える感じです。見た目のデザインよりも間取りや動線ありきで、その家に暮らすお客さんが“暮らしやすい”ことがベストなので。

落ち着きのあるネイビーで、キッチンや天井と色を揃えることで、ドアだけが目立ちすぎず、シンプルで温もりのある雰囲気を演出することができる。どんな暮らしがしたいか?自分の理想に耳を傾けて、自身や家族にとって、心地よくて“暮らしやすい”空間づくりを。

テキスト:徳瑠里香

写真:きるけ。

Panasonicの住まい・くらし SNSアカウント