蓄電システム

[住宅用] 創蓄連携システム システムの特長

  • 蓄電容量:5.6kWh
  • 蓄電容量:5.6kWh
  • 蓄電容量:11.2kWh
コンパクトな壁掛けタイプ、パワーステーションS 新登場。

体積比約1/3、※1コンパクトな壁掛けタイプ。

基礎工事レスにするなど、施工が短期でリフォーム対応も容易。

設置の自由度が大幅に向上し、設置工事が1日で完了します。

停電時に炊飯器などが使える高出力。

冷蔵庫や照明をつけたまま、電気ケトルによる湯沸かしや炊飯器による炊飯ができます。

遠隔制御※3を見据え、HEMS連携や外部システムとのネットワーク連携機能※4を搭載。

付属のリモコン設定器は最新の通信仕様である「ECHONET Lite Release H※5」に対応しています。

システム例
※1当社従来品パワーステーション(本体:LJP25522K+ベース:LJP522K1)との体積比較。
※2パワーステーション(本体:LJP25522K、ベース:LJP522K1)
※3インターネットを通じて外部システムから充電や放電を制御する機能を想定しています。
※4ネットワーク連携にはインターネット接続が必要です。外部システムによってはファームアップが必要になります。
※5 「ECHONET Lite」はエコーネットコンソーシアムの商標です。「ECHONET Lite Release H」は、将来的な創エネ導入拡大に伴う需要調整に向けた、VPP(※6)での使用に向けて策定された通信仕様です。ただし、VPPは実証段階のため、将来的なVPPでの利用を保証するものではありません。
※6バーチャルパワープラント(Virtual Power Plant)の略。電力グリッド上に散在する設備を統合的に制御し、あたかも一つの発電所(仮想発電所)のように機能させる構想。
もっと詳しく知りたい
  • 光熱費をシュミレーション
  • カタログを請求する
  • ショウルームへ行く